top of page

高鉄の利用者数が大幅成長、混雑解消は27年以降の恐れ

台湾高速鉄路(高鉄)の利用者数がコロナ後大幅に成長しており、3月の利用者数は679万6,713人と単月での最多利用者数を更新しました。また2024年第1四半期の利用者数も1,947万9,401人と過去最多となり、昨年比10.8%増加しています。


自由席車両を3車両から5~8車両に増加していますが、ラッシュ時には乗り降りに影響が出る程の混雑具合であると不満の声が出ています。昨年は3度増便し、週1,016便から1,060便に、今年も7月に増便が計画されており、週1,103便になる予定です。高鉄では2026年に新型車両の納車、2027年から導入を計画していますが、導入まで現在の混雑状態が続くのではと懸念されています。


関連記事

桃園鉄路が地下化、中壢駅が臨時駅舎に

桃園鉄路(台鉄)の地下化にともない6月15日、中壢駅駅舎の共用が最終日を迎えました。この駅舎は1971年に建設されましたが、その後の増改築により「最も醜い駅」と揶揄されるようになりました。地下化工事の着工により、中壢駅西側に臨時駅舎が設置され、6月16日より共用が開始されました。 桃園鉄路の地下化は17.9キロメートルの区間で、桃園、內壢、中壢の3駅を建て替え、 鳳鳴、中路、桃園醫院、中原、平鎮の

台北MRT、長野県の交通会社2社と友好協定

台北MRTを運営する台北大衆捷運股份有限公司、日本のアルピコ交通(長野県松本市)、長野電鉄(長野県長野市)の3社が6月14日、友好協定を締結しました。アルピコ交通と長野電鉄は友好協定の締結を記念して6月13日より記念1日チケットを発売、今後は駅や車内に記念ポスターの掲示やPR動画の放映をおこなう予定です。 アルピコ交通は1920年に成立、バスなどの運営がメインで、有名観光地の上高地での主要な交通手

エアアジア、台北-那覇線と高雄-成田線が運航開始

格安航空会社タイ・エアアジアの台北(桃園)-沖縄(那覇)線が6月15日に、高雄-東京(成田)線が16日に運航開始しました。タイ・エアアジアの発表によると6月の平均搭乗率は台北-沖縄線で98%、高雄-成田線で80%に達する見込みです。 またエアアジアXが、8月1日より台北(桃園)-大阪線を就航すると発表しました。運航スケジュールは台北を午後3時50分発で大阪に午後7時30分着、大阪を午後10時25分

Comments


bottom of page