top of page

高雄のホテル、テレワークプランを提供

現在、新型コロナウイルスの流行を受けて、高雄市のホテルが相次いでテレワークプランを提供しています。

高雄福華大飯店(ハワードプラザホテル)は、午前8時から午後6時まで利用可能なプランで、5日以上利用すると、1日1,388台湾元となります。 和逸飯店高雄中山館(ホテルコッツィ)は、平日の昼間8時間利用可能、ソフトドリンクの飲み放題と朝食付きプランで、1日900台湾元からとなります。さらに1,200台湾元を追加すれば、宿泊できます。 高雄翰品酒店(シャトー・デ・シン)は7月12日まで休業中ですが、長期滞在者やビジネス客向けに1日1,500台湾元で宿泊を提供しています。 高雄英迪格酒店(ホテルインディゴ)は、朝食付きの9時間利用可能なプランで、1日1,600台湾元からとなります。7月30日までです。

関連記事

ホテル ロイヤル ニッコー タイペイ、ホテル外壁(裏側)メンテナンス延長のお知らせ

ホテル ロイヤル ニッコー タイペイ(台北老爺大酒店)のホテル外壁(裏側)のメンテナンス工事は、ホテル事情により工事期間が延長となりました。 変更前:2024/06/10 ~ 2024/10/15 変更後:2024/06/10 ~ 2024/12/12 時間:毎日08:30~17:30 範囲:全館 ※期間中、ホテルは通常通り営業を行います。 ※工事対象外の客室、ロビーなどの公共エリア、レストラン、

高雄MRT「蜜柑駅長」、オリジナルグッズ専門店がオープン

高雄市の高雄MRTの左営駅に7月13日、高雄MRTのネコ駅長「蜜柑駅長」のオリジナルグッズを販売する「蜜柑站長専売店」がオープンし、 高雄市の陳其邁市長や市のマスコットキャラクターの高雄熊がお祝いに駆け付けました。陳市長は、野良猫から駅長となった蜜柑駅長の高い人気にあやかり、市の観光促進につなげたいと述べました。 高雄MRTは今年の蜜柑駅長の経済効果は、初めて1,000万台湾元を突破すると見込んで

中正紀念堂、ホールでの儀仗隊交代式を取りやめ

1969年の中正紀念堂開館時より44年続いた銅像ホールでの儀仗隊交代式のパフォーマンスが、7月14日で取りやめとなりました。7月15日からは場所が中正紀念堂正面の「民主大道」に移され、午前9時から午後5時の毎時ちょうどに15分間のパフォーマンスがおこなわれます。雨の場合はおこなわれません。 文化部は銅像ホールでのパフォーマンス取りやめについて、個人崇拝や権威主義崇拝から脱するためで、国民党独裁期に

Comments


bottom of page