top of page

高雄市、小田急電鉄と覚書

高雄市政府交通局は4月19日、オンライン方式で小田急電鉄と次世代モビリティサービス「MaaS」に関する協力に向けた覚書を締結しました。 MaaSは、鉄道やバス、シェアサイクルなど複数の交通手段を連携させ、観光促進を目指します。

高雄市では2018年に「MeNGo」、小田急電鉄では2019年に「EMot」をリリースしました。 2020年から小田急電鉄は高雄市とオンライン会議を通して、MaaSに関する経験や知見を共有していました。

関連記事

5月16日に内閣総辞職、5月20日より新総統就任のため

5月20日の頼清徳新総統の就任、新内閣の発足を控え、5月16日に陳建仁行政院長率いる行政院会(内閣)は総辞職を決定しました。行政院会の終了後、陳院長は全ての閣僚を率いて行政院ビルの外で「卒業」の記念撮影をおこないました。 陳院長は挨拶で、国と国民に利益をもたらす政策を積極的に推進してきたと、行政への感謝を述べました。陳院長は2023年1月、辞任した蘇貞昌前行政院長の後任として就任しました。

台北メトロ、遠州鉄道と天竜浜名湖鉄道の3社で友好協定締結

台北捷運公司(台北メトロ)、遠州鉄道株式会社(本社 浜松市中央区)、天竜浜名湖鉄道株式会社(本社 浜松市天竜区)の3社が5月14日、静岡県浜松市内で友好協定の調印式をおこないました。調印には、台北駐日経済文化代表処横浜分処の張淑玲処長と浜松市の長田繁喜副市長が立ち合いました。 台北メトロと静岡県の関係は深く、昨年には猫空ロープウェイが静岡鉄道、日本平ロープウェイと友好協定を締結しており、台北市と静

高鉄の利用者数が大幅成長、混雑解消は27年以降の恐れ

台湾高速鉄路(高鉄)の利用者数がコロナ後大幅に成長しており、3月の利用者数は679万6,713人と単月での最多利用者数を更新しました。また2024年第1四半期の利用者数も1,947万9,401人と過去最多となり、昨年比10.8%増加しています。 自由席車両を3車両から5~8車両に増加していますが、ラッシュ時には乗り降りに影響が出る程の混雑具合であると不満の声が出ています。昨年は3度増便し、週1,0

Comments


bottom of page