top of page

高雄産の台湾ナツメ、関東のスーパーで試食販売

高雄産の台湾ナツメ(蜜棗)が関東の3つのスーパーマーケットで販売開始となり、3月6日に各スーパーで試食販売がおこなわれました。販売を開始したのは関東圏のスーパーマーケットの「せんどう」「スーパーベルクス」「トップマート」で、総店舗数は75店舗以上。いずれも以前に台湾で産地を訪問し、現在まで協力関係が継続しており、今後もパイナップルやライチなど30回の試食イベントを予定しています。


高雄市での台湾ナツメの作付面積は737ヘクタールで、生産量は全国シェアの4割以上を占めます。高雄産の台湾ナツメは薄緑色の薄皮が特徴で、果肉は真っ白できめ細かく、実は丸くて大ぶりで、国内外で愛されています。日本へは2016年より輸出しています。

関連記事

高雄市で初の「フレンチフェスティバル」、駁二芸術特区で開催

高雄市政府、フランス在台協会、台湾フランス人協会が共同で、「法国生活節在高雄(フレンチフェスティバルin高雄)」を6月7~9日に駁二芸術特区で開催します。イベントではフランス式のマーケット(マルシェ)が並ぶほか、フランス式のステージイベント、今年開催されるパリ五輪にちなんでフランス発祥のスポーツ「ペタンク」やキッズサッカーの体験、文化講座や野外シネマなどが用意され、高雄にいながらフランスの風情を味

台北市政府、庁舎にレインボーフラッグでLGBT+支持表明

「國際不再恐同日(国際反ホモフォビア・トランスフォビア・バイフォビアの日)」である5月17日、台北市政府の市庁舎では毎年、レインボーフラッグを掲げてLGBT+への支持を表明しています。5月17日は、1990年に世界保健機構(WHO)が同性愛を国際疾病分類(ICD)から削除したことを記念して定められました。 台北市政府ではレインボーフラッグのほか、5月16,17,20,21,22,23,24日の7日

「九份紅燈籠祭」、5月24日より開催

新北市觀光旅遊局が5月14日、「2024九份紅燈籠祭(九份赤ちょうちん祭り)」を5月24日から6月23日に開催すると発表しました。今年で2回目となるイベントで、5月24日の午後6時より昇平戯院前の広場で点灯式がおこなわれ、午後6時と6時半の2回に各100個のミニランタンが無料で配布されます。 観光局によると、九份老街や周辺の観光スポットに赤いちょうちんが設置されるほか、大型のフォトスポットが準備さ

Comentarios


bottom of page