top of page

10月4日までコロナ警戒レベル2を維持

中央感染症指揮センターは9月19日、感染経路不明の新型コロナウィルス感染が散発的に発生していることを受け、9月21日から10月4日まで新型コロナウィルスの警戒レベル2を維持すると発表しました。

また、以下を条件に新たに展覧会・大型会場でのイベントの規制が緩和されました。

・出展ブースは、展示エリア総面積の40%に制限 ・会場スタッフの6割が新型コロナワクチンを1回目以上接種済みであること ・屋内会場は、1人当たり2.25平方メートルの社会的距離を条件に収容人数の上限を80人以上に設定可能 ・屋外会場は、人数の上限を300人まで

下記、八大産業は引き続き規制対象で営業停止中となっております。 ・ダンスホール業 ・舞踏ホール業 ・酒接待飲食業 ・バー業 ・特殊喫茶室業 ・カラオケ業 ・サウナ業 ・ナイトクラブ業

中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc.gov.tw/

関連記事

台北市の大同高校、東京の姉妹校を訪問して国際教育交流

台北市立大同高級中学(高校)の生徒32名と教員3名が5月26日から31日、国際教育旅行で日本を訪れました。2018年に姉妹校協定を締結した東京都立狛江高校への訪問やホームステイを通じて、日本語能力を磨き、日本文化を体験しました。このほか、生徒らは航空科学博物館、日本科学未来館、地震防災博物館などを訪れ、日本のSDGsに関する都市計画について理解を深めました。 狛江高校は琴の演奏で大同高校の生徒らを

東京都小池知事、少子化対策について台北市長らと意見交換

東京都の小池百合子知事が6月18日午前、公約発表会をおこない、少子化対策について説明しました。同日午後、小池都知事は少子化問題について、台北市の蒋万安市長とバンコクのチャッチャート・シッティパン都知事とオンライン会議で意見交換をおこないました。 蒋市長は台北市でおこなっている結婚の奨励や育児負担軽減のサポートについて紹介しました。市が主催する婚活イベントや、昨年より試験的に開始した40歳以下でがん

桃園鉄路が地下化、中壢駅が臨時駅舎に

桃園鉄路(台鉄)の地下化にともない6月15日、中壢駅駅舎の共用が最終日を迎えました。この駅舎は1971年に建設されましたが、その後の増改築により「最も醜い駅」と揶揄されるようになりました。地下化工事の着工により、中壢駅西側に臨時駅舎が設置され、6月16日より共用が開始されました。 桃園鉄路の地下化は17.9キロメートルの区間で、桃園、內壢、中壢の3駅を建て替え、 鳳鳴、中路、桃園醫院、中原、平鎮の

Comentarios


bottom of page