top of page

11月7日から公共交通機関の検温が不要に

交通部は10 月 25 日、11 月 7 日から台湾鉄路(台鉄)、台湾高速鉄路(高鉄)、長距離バス、船舶、飛行機などの公共交通機関での検温の義務付けを止めることを発表しました。


台湾鉄道と高速鉄道は年末まで体温計の設置を続けると述べました。

また、発熱などの症状がある場合は公共交通機関の利用を控えるよう呼び掛けました。


関連記事

格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーション(樂桃航空)は2月1日、3月27日から台北(桃園)~名古屋(中部)線に就航すると発表しました。 週7便の運航となります。 一方、高雄~大阪(関西) 線は8月1日から約3年半ぶりに運航を再開します。 ピーチ・アビエーション公式サイト https://www.flypeach.com/

中央流行疫情指揮センターは1月31日、2月7日以降、海外から入国後7日間の自主防疫期間は、新型コロナウイルス感染症の症状がある場合にのみ抗原検査を実施すると発表しました。 これに伴い、入国者に配布する抗原検査キットについて、1人当たりの配布個数を現行の4個から1個に変更します。 現行では、自主防疫期間に外出する場合、2日以内の陰性結果が必要です。 中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) http

中央流行疫情指揮センターは1月31日、2月7日以降、中国からの渡航者に対して入国時のPCR検査を実施する措置を取りやめると発表しました。 また、中国から香港、マカオを経由して台湾に入国する場合、48時間以内のPCR検査または24時間以内の抗原検査陰性証明を要求する措置も取りやめます。 中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc.gov.tw/

bottom of page