12月から8大箇所にてマスク着用義務化

11/18の中央流行疫情指揮中心(中央流行疫情指揮センター)会見では 12月1日から8大箇所でのマスク着用を義務付けると発表した。 注意喚起に従わない場合は、罰金3,000~15,000台湾元(約11,000~55,000円)の罰金となる。

8大箇所について 1.医療機関 →病院やクリニックなどの人が密集する場所。

2.公共交通機関 バス停や、電車のホーム、バスや電車の車内。

3.商業施設 デパートや市場、展覧会会場、量販店などの売り場。

4.教育学習場所 塾、予備校など

5.映画館/運動施設 映画館やコンサートホール、体育館、子どもの遊び場

6.娯楽 キャバクラ・ホストクラブ、舞踏ホール、ナイトクラブ、バー、カラオケボックス、遊技場などの娯楽場所。

7.宗教活動の場

8.銀行や郵便局、行政機関などの窓口

関連記事

中央流行疫情指揮センター11月は28日、12月1日から屋外でのマスク着用義務を廃止すると発表しました。 ただ、年越しイベントなど人が密集する場所については、、別途検討します。 公共交通機関を含む屋内ではマスクの着用を引き続き求めます。 外出時に飲食する際のほか、運動、カラオケ、写真撮影、講演、講座、温泉、サウナ、水場での活動などでマスクは外すことが認められます。 また、宴席でテーブルを回っての乾杯

中央流行疫情指揮センターは11月28日、新型コロナウイルスの水際対策について、12月10日午前0時から海外からの入境者数の上限を撤廃すると発表しました。 クリスマスや年末年始、旧正月期間で、出入境の需要が増えると見込まれるためです。 現行では、入境者数の上限は1週間当たり15万人で、12月1日から20万人に引き上げられます。 中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc