top of page

12月から8大箇所にてマスク着用義務化

11/18の中央流行疫情指揮中心(中央流行疫情指揮センター)会見では 12月1日から8大箇所でのマスク着用を義務付けると発表した。 注意喚起に従わない場合は、罰金3,000~15,000台湾元(約11,000~55,000円)の罰金となる。

8大箇所について 1.医療機関 →病院やクリニックなどの人が密集する場所。

2.公共交通機関 バス停や、電車のホーム、バスや電車の車内。

3.商業施設 デパートや市場、展覧会会場、量販店などの売り場。

4.教育学習場所 塾、予備校など

5.映画館/運動施設 映画館やコンサートホール、体育館、子どもの遊び場

6.娯楽 キャバクラ・ホストクラブ、舞踏ホール、ナイトクラブ、バー、カラオケボックス、遊技場などの娯楽場所。

7.宗教活動の場

8.銀行や郵便局、行政機関などの窓口

関連記事

中央流行疫情指揮センターは1月31日、2月7日以降、海外から入国後7日間の自主防疫期間は、新型コロナウイルス感染症の症状がある場合にのみ抗原検査を実施すると発表しました。 これに伴い、入国者に配布する抗原検査キットについて、1人当たりの配布個数を現行の4個から1個に変更します。 現行では、自主防疫期間に外出する場合、2日以内の陰性結果が必要です。 中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) http

中央流行疫情指揮センターは1月31日、2月7日以降、中国からの渡航者に対して入国時のPCR検査を実施する措置を取りやめると発表しました。 また、中国から香港、マカオを経由して台湾に入国する場合、48時間以内のPCR検査または24時間以内の抗原検査陰性証明を要求する措置も取りやめます。 中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc.gov.tw/

屋内でのマスク着用義務緩和について、中央流行疫情指揮センターは1月31日、2月2日に詳細な説明を行うと発表しました。 韓国のようにマスク着用が必要な場所、推奨する場所を定め、その他は自主性に任せる方針です。 中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc.gov.tw/

bottom of page