top of page

12月よりすべての入国・乗り継ぎに「陰性証明」の提出が必要

中央流行疫情指揮センターは11月18日の定例記者会見で、新型コロナウィルスの対策として秋冬防疫プロジェクト(秋冬防疫専案) を発表しました。このプロジェクトにより台湾での域内感染の発生リスクを回避するのが目的です。 

プロジェクト適用期間:2020年12月1日~2021年2月28日 (出発地の標準時間)

プロジェクト三大概要:

1、国境検疫対策

すべての入国・乗り継ぎ客に対して、3営業日以内に発行された新型コロナウイルスに関する核酸検査「陰性証明」の提出が必要。証明書が事実と違っていた事が判明した場合や検疫措置を拒否、回避、妨害した場合は,10,000~150,000台湾元(約37,000~550,000円)の罰金が科され、また文書偽造の罪に問われることがあります。

2、地域防疫対策

8大箇所でのマスク着用を義務。違反者は罰金が科される。

8大箇所:医療機関、公共交通機関、商業施設、教育学習場、映画館と運動施設、娯楽場、宗教活動の場、行政機関などの窓口

3、医療対策

通報の徹底と検査強化、奨励指数の制定

中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc.gov.tw/

関連記事

医療機関などでのマスク着用、「義務」から「推奨」へ

新型コロナウイルス対策により2020年12月1日より義務化されていた医療機関、介護施設でのマスク着用が、5月19日より「義務」が解除されて「推奨」へ調整されます。今回のマスク着用義務の解除で、台湾のすべての場所でのマスク着用義務が解除されることになります。 推奨に調整されますが、体調が優れない場合や、妊婦や高齢者、病院や人が密集する場所へ赴く場合にはマスクを着用するよう注意を呼びかけています。

桃園空港などのコロナ簡易検査キット無料配布、3月末まで継続決定

アジア太平洋地域および東南アジア地区での新型コロナウイルス感染者の増加にともない、衛生福利部疾病管制署は、1月3日より桃園空港などでおこなっている簡易検査キットの配布期間を3月31日まで延長すると発表しました。桃園空港(出国・入国)と高雄空港(入国)、中国と媽祖・金門を結ぶフェリー小三通の港(入国)で配布されており、2月14日までに114万人の旅客が受け取りました。 疾管署の羅一鈞報道官は、入国時

コロナ簡易検査キット、高雄・金門でも配布へ

衛生福利部疾病管制署は、新型コロナウイルス流行への対策として1月3日より桃園空港で簡易検査キットの無料配布をおこなっています。また1月16日に、高雄国際空港と、金門島と中国を結ぶフェリー「小三通」を運航する水頭碼頭(ふとう)でも1月17日より配布を開始すると発表しました。高雄空港では午前8時から午後10時半、水頭碼頭では午前9時半から午後6時半、いずれも入国のみの配布です。 配布されている無料の簡

Comments


bottom of page