12月中旬にワクチン2回目接種率60%へ

中央流行疫情指揮センターの陳時中・指揮官は11月8日、新型コロナウイルス感染症ワクチンの2回目接種率が60%以上となれば、海外からの入境者に対する水際対策の制限緩和について検討を開始するが、それまでは緩和措置を設けないと説明しました。

12月中旬に2回目の接種率が60%に達すると見通しを示しました。

陳時中・指揮官は、2020年2月10日以降停止している離島の金門、馬祖、澎湖と中国を結ぶ海運航路「小三通」についても、ワクチンの2回目接種率が60%に達してから再開を検討すると述べました。

中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc.gov.tw/

関連記事

10月13日から新型コロナウイルス感染症の水際対策が大幅に緩和され、人の往来が頻繁になりました。 桃園国際空港の11月25日の発表によると、10月の利用客は延べ67万1000人で前年同月の9.7倍に増加しました。 1~10月の利用客は271万人で、前年同期の3.6倍でした。

中央流行疫情指揮センター11月は28日、12月1日から屋外でのマスク着用義務を廃止すると発表しました。 ただ、年越しイベントなど人が密集する場所については、、別途検討します。 公共交通機関を含む屋内ではマスクの着用を引き続き求めます。 外出時に飲食する際のほか、運動、カラオケ、写真撮影、講演、講座、温泉、サウナ、水場での活動などでマスクは外すことが認められます。 また、宴席でテーブルを回っての乾杯