top of page

12月1日より中国人の自由旅行1日3千人に、引き上げられました。

江宣樺行政院長は、中国人自由旅行者の受け入れ上限を、12月1日より1日当たり2,000人から3,000人に引き上げると発表しました。

 内政部入出国移民署の統計によると、11月の自由旅行の申請件数は上限を超えた日が7日あり、これらの日は平均2,930件に上った。今回の緩和で需要が満たされる見通しです。

 10月1日の中華人民共和国旅遊法(中国旅行法)改正で不合理な低価格ツアーが禁止され、ツアー客(団体)が10月は33%、11月は24%減少した一方、自由旅行者は10月に前年同月の3.4倍となり、年間延べ50万人が見込まれています。このため、来年初め~春節(旧正月)前とみられていた自由旅行者の上限の引き上げが前倒しされたようです。

 江行政院長は今年の訪台旅行者延べ800万人突破を視野に、各部会(省庁)にハッパを掛けた。目標は770万人。交通部観光局の統計によると、1~10月は前年同期比9.15%増の延べ648万522人だった。

関連記事

麗宝集団傘下の福容大飯店 (フーロンホテル)は2月3日、今後6年間で100億台湾元以上を投じてホテル8軒を開業する計画だと発表しました。 4~6月に高雄市前金区と南投県水里郷、7~12月に嘉義、来年から5年で台北市のMRT円山駅そば、南投県埔里鎮、屏東県東港鎮、台東県成功鎮、澎湖県馬公市、現在の15軒から23軒に増えると明らかにしました。

ゲーム業界の展示会、台北ゲームショー (台北国際電玩展) の一般向け展示が2月2日から2月5日まで、台北南港展覧館ホール1館で開幕しました。 25カ国の275社がブース1000小間以上を出展し、250種のゲームソフトやハードウエアなどを展示しました。 台北ゲームショー 公式サイト https://tgs.tca.org.tw/visit_info.php

新北市政府捷運工程局は2月2日、安坑ライトレール(安坑軽軌)が10日に開通すると発表しました。 安坑LRTは全長は7.5キロメートルで、9駅が約21分で結ばれます。 十四張駅では新北メトロ環状線と接続します。 10日から試運転で1カ月間は無料で利用できます。 正式営業開始後の運賃は20~25台湾元となります。

bottom of page