top of page

12月10日から病院の全病室の見舞いを解禁

中央流行疫情指揮センターは11月28日、12月10日から病院の全病室の見舞いを解禁すると発表しました。

指定された時間帯に1回当たり最大2人まで見舞うことができます。

ただし、手術や検査などで家族の付き添いや同意書の署名が必要な場合などに制限はありません。

見舞う人は、家庭用抗原検査キットで検査を行い、陰性証明書を提示する必要があります。


中央流行疫情指揮センター(中国語、英語)


関連記事

宜蘭県南方澳漁港、今季初のクロマグロを水揚げ

今季初となるクロマグロが4月15日、宜蘭県蘇澳の南方澳漁港で水揚げされました。蘇澳籍の漁船「再發668號」が捕獲したこのマグロは重さ269キロ、全長253センチ、17日に南方澳の魚市場で競りにかけられます。また、「蘇澳初マグロ」に認定され、台湾全土としても今季初のクロマグロとなります。 宜蘭県のクロマグロは、毎年4月から7月にかけてシーズンを迎えます。「蘇澳初マグロ」の認定を受けるには、漁船が合法

「台湾のウユニ塩湖」こと高美湿地、灯台敷地内に宿泊施設

台湾中部の台中市清水区にあり「台湾のウユニ塩湖」とも呼ばれる高美湿地で4月12日、台湾で初となる灯台敷地内の宿泊施設「高美燈塔園区」がオープンしました。約6坪の2人部屋、約12坪の4人部屋など、全7部屋の客室を備え、宿泊料金は1室2,000台湾元(約9,500円)から。室内は、灯台の歴史的建物としての特色を残した内装となっており、施設内には宿泊者同士が交流できる共有スペースも設置されています。

蔡総統、警察専科学校の学生宿舎などプレート除幕式に出席

蔡英文総統が4月9日に台湾警察専科学校を訪問し、新しい学生宿舎の「英才樓」と、「科技犯罪偵査教育中心(科学犯罪捜査教育センター)」のプレート序幕式に出席しました。蔡総統は、政府は警察、消防などを重視しており、今回は宿舎の改善や科学犯罪捜査教育センターを設置、どちらも現場の警察官たちにより完全なサポートを提供するものであると述べています。 2016年に行政院で建設が決定した新宿舎の英才樓は、今年3月

Comments


bottom of page