top of page

12月31日の台北101ビル付近の交通規制について

毎年恒例の台北101ビルにて行われる年末カウントダウン花火のイベントですが、 大勢の観客が集まる為、2013年12月31日の夜から101付近の3階段の交通規制が行われます。 規制範囲の説明・交通規制図はリンクをご参照下さい。

一、第一階段 (12月31日19-20時) (一)交通規制區域:包含基隆路、仁愛路、忠孝東路、松仁路、信義路、松壽路と市府路の區域。 (二)交通規制區内車輛只出不進。

二、第二階段(12月31日20-22時) (一)交通規制區域:第一階段管制範圍含め,また、逸仙路及仁愛路(逸仙路及光復南路間)。 (二)20時至翌日元旦3時車輛進出禁止。また、基隆路雙向車行地下道と南往北長隧道のみ車、バイク運行可。

三、第三階段(12月31日22時-1月1日3時車輛禁止進出) (一)交通規制區域:光復南路、忠孝東路、忠孝東路5段236巷、松德路、信義路、基隆路、松仁路及莊敬路所圍區域。 (二)交通規制區内車輛進出禁止。

四、市政府駅及地下連通道管制 (一)市政府駅が12月31日19時から交通規制只出不進,旅客須至管制區外的替代站位搭車。 (二)捷運市府站與市政府間地下連通道、捷運台北101/世貿駅與臺北金融ビルの間繋がる道は12月31日22時から規制進出。

台北市政府にてコンサート等のイベントも行われる為、大勢の観客が集まります。 付近のホテル(グランドハイアット、W台北、ル・メリディアン、HOME等)をご利用のお客様は十分ご注意頂きますようお願い致します。

関連記事

格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーション(樂桃航空)は2月1日、3月27日から台北(桃園)~名古屋(中部)線に就航すると発表しました。 週7便の運航となります。 一方、高雄~大阪(関西) 線は8月1日から約3年半ぶりに運航を再開します。 ピーチ・アビエーション公式サイト https://www.flypeach.com/

中央流行疫情指揮センターは1月31日、2月7日以降、海外から入国後7日間の自主防疫期間は、新型コロナウイルス感染症の症状がある場合にのみ抗原検査を実施すると発表しました。 これに伴い、入国者に配布する抗原検査キットについて、1人当たりの配布個数を現行の4個から1個に変更します。 現行では、自主防疫期間に外出する場合、2日以内の陰性結果が必要です。 中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) http

中央流行疫情指揮センターは1月31日、2月7日以降、中国からの渡航者に対して入国時のPCR検査を実施する措置を取りやめると発表しました。 また、中国から香港、マカオを経由して台湾に入国する場合、48時間以内のPCR検査または24時間以内の抗原検査陰性証明を要求する措置も取りやめます。 中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc.gov.tw/

bottom of page