top of page

14日以内に中国滞在歴のある外国人は台湾入境禁止に

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、 台湾の中央流行疫情指揮センターは2月7日から 過去14日以内に中国本土に入国、居住歴がある外国人の訪台を禁止する事を発表しました。 台湾の居留証を取得している場合は今回の禁止措置の対象外となります。

該当する外国人に特別な理由があり台湾への入境が必要な際は 過去14日の訪問歴と7日以内の健康証明書提出及び発熱等の症状がない場合、台湾のビザ申請が可能です。

関連記事

花蓮地震、危険判定の被災建物が51棟に

4月3日に発生した花蓮県沖を震源とする地震で被災した建物は、国土管理署の統計によると4月11日時点での花蓮県、台北市、桃園市、新北市、基隆市、苗栗県の6県市の合計が1,315棟となりました。そのうち危険判定(赤紙)は51棟、要注意判定(黄紙)は92棟、現在も被災建物の調査は継続中です。 また震災前より問題となっていた建築物の外壁タイルの剥離や落下などについて、建築物の修繕の補助金に関する問い合わせ

タロコ国家公園、被害の軽微な場所から開放

4月3日に発生した花蓮地震で深刻な被害を受けた花蓮県の太魯閣(タロコ)国家公園で、被害の軽微な場所から開放が始まりました。4月12日より合歓山の主峰、西峰、遊歩道などを開放、16日に屏風山、奇萊山、南湖山などを一部のエリアを除いて開放しました。また、その他の被害が軽微な歩道についても、早ければ3ヶ月後に開放するとされています。 タロコ國家公園管理処の林忠杉副処長は、小錐麓步道、砂卡礑步道、燕子口步

花蓮地震、タロコ国家公園復旧費10億元見込み

內政部の林右昌部長が4月15日、花蓮地震による太魯閣(タロコ)国家公園の遊歩道や施設の被害状況は深刻で、復旧費用が10億台湾元(約47億5,000万円)になる見込みであると説明しました。安全を優先して余震が落ち着き次第、再度詳細を確認するとしています。また林部長は、震災後に台湾政府から花蓮県へ3億台湾元が提供されており、衛生福利部がおこなっている義援金もあり、今のところ予算に問題はないと述べていま

Комментарии


bottom of page