2年ぶり元安ドル高、一時1ドル=30元台に

8月1日の台北外国為替市場の台湾元相場は一時、1米ドル=30.008元を付け、2年ぶり安値を付けました。

終値は前営業日比0.042元の元安米ドル高の、1米ドル=29.98元で引けました。


2日正午は、1米ドル=30.042元で引けました。


関連記事

熊本県の蒲島郁夫知事は11月24日、県内経済団体を中心としたメンバーとともに、2023年1月11日~14日に台湾を訪問すると発表しました。 今年10月に訪台予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で延期していました。 高雄市との友好交流協定締結5周年記念行事のほかにも、半導体受託生産の世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)や中華航空(チャイナエアライン)を訪問する予定です。

彰化市は11月2日、扇形庫のつながりで大分県玖珠町と「友好交流協定」を締結しました。 彰化市の林世賢・市長と玖珠町の宿利政和・町長はオンラインで調印しました。 2019年、彰化市の扇形車庫は旧豊森機関車庫と「姉妹協定」を結びました。 今年は彰化市の扇形庫が国定古跡に昇格し、竣工100周年を迎える重要な年であることから、これを記念して九珠町と友好交流協定を締結することにしました。

台湾の観光、農産物などの台湾文化発信イベント「Discover Taiwan 2022 in Sendai」が10月29日から30日まで、宮城県仙台市のサンモール一番町商店街で開催されました。 2006年に仙台市と交流促進協定を締結した台南市は、本イベントにブースを出展し、仙台市民に台南への観光をアピールしました。 また、ブースには台南へのメッセージや想いを書くための短冊も用意され、「台南大好き」