2月6日発生 台湾南部地震速報

2月6日発生 台湾南部地震速報

2月6日の午前3時57分、高雄市美濃区を震源地とするマグニチュード6.4の地震が発生し、 台南市で多数のビルが倒壊した。

台南市永康区の17階建て維冠金龍ビル倒壊では午前7時10分までに127人が救出されたが、 29人が病院に搬送され、生後10日の女児と40歳の男性の2人が死亡した。

台南市内の一部で水道管が破裂し、ガス漏れが発生している。 台湾電力によると、台南市を中心に12万世帯以上で停電している。

台湾高速鉄道は午前9時まで左営(高雄)発の運行を停止し、 早ければ同日の午前11時の左営~台中間の運転再開される見込み。

★弊社扱いのお客様でこの事故に巻き込まれたお客様はおりません。

★交流協会(大使館代理機関)より日本人の被害は報告されておりません。

★台北を含む台湾北部では被害はございません。平常通り運行しております。

関連記事

10月13日から新型コロナウイルス感染症の水際対策が大幅に緩和され、人の往来が頻繁になりました。 桃園国際空港の11月25日の発表によると、10月の利用客は延べ67万1000人で前年同月の9.7倍に増加しました。 1~10月の利用客は271万人で、前年同期の3.6倍でした。

中央流行疫情指揮センター11月は28日、12月1日から屋外でのマスク着用義務を廃止すると発表しました。 ただ、年越しイベントなど人が密集する場所については、、別途検討します。 公共交通機関を含む屋内ではマスクの着用を引き続き求めます。 外出時に飲食する際のほか、運動、カラオケ、写真撮影、講演、講座、温泉、サウナ、水場での活動などでマスクは外すことが認められます。 また、宴席でテーブルを回っての乾杯