2014年12月31日台北101ビル付近の交通規制について

毎年恒例の「台北101ビル」にて行われいる年末カウントダウン花火のイベントについてですが、 国内外から大勢の観客が集まるため、2014年12月31日の夜から101付近では交通規制が敷かれます。

【交通規制概要】 ・規制時間: 2014年12月31日 19:00~2015年01月01日 03:00(深夜) ・規制範囲: 下記、台湾のテレビ局「TVBS」社のURLをご参照ください。 http://www1.tvbs.com.tw/project/tvbs_g/activity/2014_taipei/traffic_information.html

※交通規制は三段階に分けています。 1.第一段階:12月31日19-20時 (一)交通規制区域:松仁路、忠孝東路、信義路、逸仙路、基隆路区域。 (二)交通規制区域内の車両進入禁止。

2.第二段階:12月31日20-22時 (一)交通規制区域:逸仙路周辺、仁愛路区域。 (二)20時から翌日元旦3時まで車両進入禁止。基隆路地下道車通行規制開始。

3.第三段階:12月31日22時-1月1日3時 (一)交通規制区域:光復南路、忠孝東路、信義路、莊敬路、忠孝東路5段236巷松德路及び松仁路区域。 (二)交通規制区域の車両通行止め。

【周辺地下通路規制】 (一)市府転運駅通路:12月31日22時に閉鎖。 (二)台北101/世貿駅4番出口通路:12月31日22時に閉鎖。

【停車・駐車規制】 (一)12月31日17時~1月1日3時まで以下の場所では公共バスを除く車両停車禁止。 ・光復南路 (市民大道-南京東路) ・光復南路(基隆路-文昌街) ・仁愛路(延吉街-敦化南路) ・基隆路2段(文昌街-光復南路) ・松德路(信義路-虎林街) ・延吉街(市民大道-信義路) ・忠孝東路5段236巷(忠孝東路-松德路168巷) ・松德路168巷(松德路-忠孝東路5段236巷) (二)規制範囲内周辺駐車場12月31日19時から進入不可、20時から完全出入り禁止。

【台北MRT(地下鉄)運行状況】 2014年12月31日は各路線24時間運行となります。 ただし市政府駅・台北101/世貿駅は出入りが困難になる恐れがあるため、國父紀念館駅、永春駅、象山站駅をご利用ください。

台北市政府周辺はコンサート等のイベントも行われるため、大変混雑が予想されます。 付近のホテル(グランドハイアット、W台北、ル・メリディアン、HOME等)をご利用予定のお客様は、 事前にご確認の上、十分ご注意いただきますようお願い致します。

関連記事

経済日報と南山人寿保険が12月6日に発表した県市別の幸福指数調査で、花蓮県が幸福指数69.30ポイントで、2015年から7年ぶりに1位を占めました。 昨年から12ランク上昇し、最優秀成長賞を受賞しました。 花蓮県は社会的なつながり、環境品質、地方政府の施策、健康、生活の現状、個人安全、健康、6つの項目の満足度が1位でした。

台北101で毎年の大晦日に行われる花火ショーは世界的な年越しイベントとなっており、当日の台北101と周辺高層ビルのレストラン予約状況が好調です。 台北101の85階のイタリアンレストラン「随意鳥地方」の窓際の席はすでに予約がいっぱいです。 台北101のオフィスビル営運長は、新型コロナウイルスの水際対策が緩和され、下半期の飲食部門の売上が上半期より40%増加したと指摘しました。

11月26日、統一地方選挙で台北市長に当選した蒋万安・前立法委員は12月5日、就任後1年以内に台北文化体育園区(台北市信義区)のドーム型スタジアム、台北大巨蛋(台北ドーム)を運営するという公約を実現すると明らかにしました。 2023年6月に試験運用を開始し、早ければ9月にもオープンする予定です。