2015年末に、MRT台北駅~桃園国際空港30分以内も

 交通部高速鉄路工程局(高鉄局)は台北駅から桃園国際空港を通り桃園県中壢市までを結ぶ台湾桃園国際機場捷運(桃園国際空港MRT、2015年末開通予定)建設計画についての環境差異分析報告を提出し、その中で列車の走行速度を従来の時速90キロメートルから110キロに引き上げて、台北駅から桃園空港までの所要時間を最速30分以内にできると伝えました。  桃園国際空港MRTは各駅停車の「普通列車」と、台北駅〜桃園空港第1ターミナル間で2駅のみに停車する「直通列車」の運行を予定しており、従来計画では直通列車の所要時間は約35分とされていたが馬英九総統が11年に視察を行った際、直通列車の所要時間を20〜25分に短縮するよう要求した。その後高鉄局が見直しを進め、「28分までの短縮が可能」との試算を基に今回の報告を行いました。

関連記事

経済日報と南山人寿保険が12月6日に発表した県市別の幸福指数調査で、花蓮県が幸福指数69.30ポイントで、2015年から7年ぶりに1位を占めました。 昨年から12ランク上昇し、最優秀成長賞を受賞しました。 花蓮県は社会的なつながり、環境品質、地方政府の施策、健康、生活の現状、個人安全、健康、6つの項目の満足度が1位でした。

台北101で毎年の大晦日に行われる花火ショーは世界的な年越しイベントとなっており、当日の台北101と周辺高層ビルのレストラン予約状況が好調です。 台北101の85階のイタリアンレストラン「随意鳥地方」の窓際の席はすでに予約がいっぱいです。 台北101のオフィスビル営運長は、新型コロナウイルスの水際対策が緩和され、下半期の飲食部門の売上が上半期より40%増加したと指摘しました。

11月26日、統一地方選挙で台北市長に当選した蒋万安・前立法委員は12月5日、就任後1年以内に台北文化体育園区(台北市信義区)のドーム型スタジアム、台北大巨蛋(台北ドーム)を運営するという公約を実現すると明らかにしました。 2023年6月に試験運用を開始し、早ければ9月にもオープンする予定です。