top of page

2019年カウントダウンイベントに伴う交通規制のお知らせ

台北市政府前で行われるカウントダウンイベントに伴い、 台北市政府付近の交通規制が実施されます。

【ステージ設営と撤去に伴う交通規制】 ①12月23日09時~12月25日12時: ・松寿路-松高路間の市府路東側五つの車道は通行禁止。 ②12月25日12時~12月27日01時: ・松寿路-松高路間の市府路東側五つの車道及び新仁愛路全線は通行禁止。 ③12月27日1時~1月2日7時: ・松寿路-松高路間の市府路全線及び新仁愛路全線は通行禁止。

【イベント当日の交通規制】 ①12月31日19時~20時: ・車は松仁路、忠孝東路、信義路、基隆路及び逸仙路で囲まれたエリアに進入不可。 ②12月31日20時~22時: ・車は①のエリアに加え、逸仙路及び仁愛路エリアへの通行禁止。 ・基隆路の地下道路は通行禁止。 ③12月31日22時~1月1日03時: ・車は①と②のエリアに加え、光復南路、忠孝東路、忠孝東路5段236巷、松徳路、松仁路、信義路及び荘敬路で囲まれたエリアへの通行禁止。 ・信義高速道路に入る場合、松徳路を右折後、信義路交通規制区域から左折して入って下さい。

【駐車の規制】 ①12月31日17時~年1月1日3時の間、下記の道路は駐車禁止(バスのみ停車可能) ・仁愛路北側及び南側の外側の車道 ・光復南路東側 ・基隆路2段西側 ・松徳路西側 ②12月31日17時~1月1日3時の間、下記の道路は駐車禁止 ・延吉街 ・松信路 ・忠孝東路5段236巷 ・松徳路168巷 ③12月31日17時~1月1日3時の間、下記範囲内の道路は駐車禁止 ・光復南路、忠孝東路、信義路、松仁路及び松智路で囲まれた範囲内の道路では駐車禁止。 ④12月31日19時~1月1日3時の間、③の規制範囲内にある駐車場へは進入不可、20時以降は出入り禁止。

【公共交通機関について】 ①台北MRT: ・年越し期間中は42時間連続運営します。 ・小碧潭支線及び新北投支線は12月31日の24時まで運営します。 ②桃園空港MRT: ・年越し期間中は42時間連続運営します。詳しい情報は桃園空港MRTのホームページにてご確認ください。 ③台湾新幹線: ・2020年1月1日の増便については台湾新幹線のホームページにてご確認ください。 ④台湾鉄道: ・2020年1月1日の増便については台湾鉄道のホームページにてご確認ください。 ⑤イベント終了後のシャトルバス(有料) ・シャトルバスの運営は12月31日24:00~1月1日01:30までです。 ・MRT台北駅行きは仁愛路と延吉街口にて搭乘して下さい。 ・MRT公館駅行きは基隆路と文昌街口にて搭乘して下さい。 ・木柵、景美区行きは松德路と信義路口にて搭乘して下さい。

その他情報は公式ホームページにてご確認下さい。(中国語版と英語版のみ) https://www.newyear2020.taipei/

関連記事

九族文化村、桜をテーマに台日交流

今年で24年目に突入した「九族桜花祭」を開催する南投県の九族文化村で2月17日、今年2月に日本さくらの会より「第30代日本さくらの女王」に選ばれた杉浦美桜里さんを招待しての台日桜文化交流のイベントが開催されました。また、九族文化村と日月潭を結ぶロープウェイで床が透明なゴンドラ24台にラッピングを施して「桜花女王号」と命名し、イベントでは命名セレモニーがおこなわれました。

台北ランタンフェスティバルで大阪の「光の饗宴」と万博をPR、観光交流協定を締結

大阪観光局と台北市観光伝播局が2月17日、観光交流協定を締結しました。大阪観光局は、大阪府と大阪市の観光事業振興に取り組む公益財団法人で、協定の締結により双方の観光情報の閃電や、観光イベントへの参加を強化し、お互いの観光の発展を促進します。 また、大阪市は西門町エリアで開催中の台北燈會(台北ランタンフェスティバル)にランタンを出展し、2025年に開催される大阪・関西万博や、毎年12月に開催されるイ

台湾-日本線が大幅増便、ビジネスや観光の需要増加

TSMCの熊本工場設置による九州線のビジネス・観光需要の高まりや、桜シーズンによる観光需要の高まりから、台湾-日本路線が大幅に増便されています。中華航空(チャイナエアライン)は台北-熊本線えお週4便から週5便へ、台北-福岡便を週16便から19便に増便します。3月末には中華航空の九州便は週24便となり、台湾の航空会社で最多の便数となります。このほか、台北-名古屋線を週7便から11便に増便します。長榮

bottom of page