2019年COMPUTEX台北、過去最高の参加者を記録

アジア地域最大の電子製品見本市「COMPUTEX台北」 が05月28日から06月01日まで開催され、 今年の参加者は過去最高の4万2495人となりました。

主催組織の1つであるTAITRA(台湾貿易センター)の林芳苗副秘書長によると、 40回目を迎える来年は規模を更に拡大する他、 今年初めて実施した「CEOキーノート」を来年も実施する予定です。

関連記事

12月1日から台北市内のドリンクスタンドやカフェで、プラスチックカップの提供が禁止されます。 違反した場合は、業者に対して1,200~6,00台湾元(の罰金が科されます。 台北市政府環境保護局(環保局)は11月23日、業者の9割が紙カップなどの代替品の準備を完了したと説明しました。

中央流行疫情指揮センターは11月23日、12月初めにも、屋外でのマスク着用義務を原則廃止すると述べました。 年越しイベントなど人が密集する場所はマスク着用を検討します。 中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc.gov.tw/