2020年の観光ホテル客室稼働率、台北市は平均28%

台湾交通部観光局が発表した統計によると、新型コロナウイルスによる外国人観光客の減少を受けた 2020年度台北市の観光ホテル客室稼働率は前年度の平均74%から平均28%と大幅に減少し、 平均宿泊料金も前年比から21%減という結果になりました。

その一方で台東県や花蓮県は域内旅行による需要が高まった為、 平均稼働率と平均宿泊料は前年度より上昇した結果となっています。

関連記事

中央流行疫情指揮センター11月は28日、12月1日から屋外でのマスク着用義務を廃止すると発表しました。 ただ、年越しイベントなど人が密集する場所については、、別途検討します。 公共交通機関を含む屋内ではマスクの着用を引き続き求めます。 外出時に飲食する際のほか、運動、カラオケ、写真撮影、講演、講座、温泉、サウナ、水場での活動などでマスクは外すことが認められます。 また、宴席でテーブルを回っての乾杯

中央流行疫情指揮センターは11月28日、新型コロナウイルスの水際対策について、12月10日午前0時から海外からの入境者数の上限を撤廃すると発表しました。 クリスマスや年末年始、旧正月期間で、出入境の需要が増えると見込まれるためです。 現行では、入境者数の上限は1週間当たり15万人で、12月1日から20万人に引き上げられます。 中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc