top of page

2023年の訪台旅客数、コロナ前の5割まで回復

交通部観光署の統計によると2023年の訪台旅客数は前年から7.24倍増加して648万6,951人、コロナ前の2019年と比較すると54.68%まで回復しました。また、台湾からの海外旅行者数は前年から7.95倍増加して422万5,804人、2019年と比較すると68.9%まで回復しました。このうち、訪台日本人旅客数は92万8,235人で香港マカオに次いで2位、訪日台湾旅客数は422万5,804人で台湾からの海外旅行先で1位、訪台日本人と訪日台湾人で330万人の差がありました。


また、3月より中国への団体旅行が解禁される予定でしたが、中国が台湾行きの団体旅行を解禁していない事を理由に、中国行きの団体旅行の募集を即日停止するよう台湾の旅行会社に対し命じました。既に申し込まれている3月から5月出発のツアーに関しては催行され、6月以降については中国からの返答で検討されます。

関連記事

新北市瑞芳区と熊本県上天草市、「猫」が縁の友好交流協定

熊本県上天草市の堀江隆臣上市長ら訪問団が新北市を訪れ、4月15日に新北市瑞芳区と友好交流協定を締結しました。瑞芳区には「猫村」として有名な猴硐が、上天草市には「猫の島」の愛称を持つ湯島があり、猫が緣での協定締結となりました。猫の他にも、漁港やサイクリングなど、観光や産業で共通点を多く持っています。 双方は今年1月、台北駐大阪経済文化弁事処福岡分処の仲介によりオンラインで交流を開始しました。協定締結

宜蘭県南方澳漁港、今季初のクロマグロを水揚げ

今季初となるクロマグロが4月15日、宜蘭県蘇澳の南方澳漁港で水揚げされました。蘇澳籍の漁船「再發668號」が捕獲したこのマグロは重さ269キロ、全長253センチ、17日に南方澳の魚市場で競りにかけられます。また、「蘇澳初マグロ」に認定され、台湾全土としても今季初のクロマグロとなります。 宜蘭県のクロマグロは、毎年4月から7月にかけてシーズンを迎えます。「蘇澳初マグロ」の認定を受けるには、漁船が合法

農業部、ペット身分証で飼い主の利便性を向上

農業部がペット管理強化と飼い主の利便性向上のため「寵物身分證(ペット身分証)」の新制度を発表の記者会見を開催しました。農業部の統計によると現在ペットとして飼育されている犬や猫は約279万匹、そのうち236万匹がマイクロチップ情報の登録をおこなっています。 情報の電子化管理により、今までは登録機関へ出向いておこなっていた各種情報の更新が簡単におこなえるようになります。また、従来は紙製の登録証で管理し

Comentários


bottom of page