top of page

2023年台湾政府機関カレンダー

台湾の行政院人事行政総処が6月7日に行政機関の2023年度カレンダーが発表されました。年間休日は116日になります。 祝日は下記となります。 01月01日 中華民国開国記念日 01月20日~01月29日 旧正月 02月25日~02月28日 228平和記念日連休 04月01日~04月05日 清明節連休 06月22日~06月25日 端午節連休 09月29日~10月01日 中秋節連休 10月07日~10月10日 国慶節連休

土曜日の振替出勤は、春節連休前後、1月7日と2月4日、和平紀念日連休前、2月18日、児童節・清明節連休前、3月25日、端午節連休前、6月17日、双十節連休前、9月23日です。

関連記事

TLL(台湾煙酒)が台湾ビールの価格を20年ぶりに引き上げる方針だと明らかになりました。ロシアのウクライナ侵攻以降、ビール原料の麦芽だけでなく、缶や段ボールの価格が高騰していることが価格引き上げの原因です。 台湾のビール市場シェア2位のハイネケン、3位のキリンなどの欧州と日本のビールメーカーは、昨年既に10~15%の値上げをおこなっています。

新北市政府は、中和區烘爐地の南山福徳宮に4Kライブカメラを設置し、オンライン上でライブ映像の配信を始めました。台湾最大の土地公像だけではなく、北海道函館の100万ドルの夜景のように美しい夜景など、台北市と新北市を一望する景色を楽しむことができます。 ライブカメラの設置は昨年7月の淡水漁人碼頭に続く2か所目で、YouTube上の映像視聴回数は65.4万再生に達しています。海外からの視聴のうち4割は日

交通部中央気象局によると、5月29日午前8時現在、台風第2号は、屏東県東南東、660キロの海上で時速14キロで北西に進みました。 今後、北寄りに向きを変え、台湾東部沖で北上する見通しです。

bottom of page