top of page

2023年国際線旅客数、コロナ前の68%

台湾の空港に就航している60社の航空会社の2023年の国際旅客数は交通部民用航空局(民航局)の統計によると延べ4,089万3,000人でした。また、コロナ前の2019年と比較すると、68.2%まで回復しています。


航空会社別の国際旅客数の上位4社は長栄航空(エバー航空)が延べ1,136万6,000人で最多、次いで 中華航空(チャイナエアライン)が947万4,000人、星宇航空(スターラックスエアラインズ)が352万4,000人、中華航空傘下のLCCの台湾虎航(タイガーエア台湾)が220万2,000人でした。また、LCC全26社を利用の国際旅客数は延べ999万3,000人でした。

関連記事

エバー航空の高雄-香港線、4月12日より運航開始

高雄国際空港で4月12日、長榮航空(エバー航空)の香港線が運航を開始しました。1日1便の運航で、5月15日より1日2便に増便します。運航初日は満席となり、184人の旅客が搭乗、また香港から高雄への便も178人の旅客が搭乗しました。エバー航空は現在、桃園-香港便を毎週53便運航しており、5月15日以降は香港線は桃園と高雄を合わせて週67便の運航となります。 高雄国際空港によると、今年3月時点での運航

レストランバス第2号、台北市で運行開始

2021年12月より台北市で運行を開始した2階建てバスを利用したレストランバスの第2号が、4月10日にお披露目されました。完全予約制のレストランバスは乗車時間約1時間半で、ランチ、アフターヌーンティー、ディナーを食べながら台北の風景を楽しむことが出来ます。価格は1,100~1,950台湾元。第1号バスはこれまでに約3.9万人が利用しており、利用者の約3割が外国人旅客と、観光資源としての高いポテンシ

阿里山森林鉄道全線運行再開、7月1日予定

2009年の台風8号(モーラコット)、2015年の台風21号(ドゥージェン)による土砂崩れで損壊し不通となっていた阿里山森林鉄道の十字路駅~阿里山駅の区間について、7月1日に運行再開予定であると農業部林業および自然保育署が4月9日に発表しました。現在は嘉義駅から十字路駅区間の折り返しで運行しています。 修復には計画から15年、23億台湾元が費やされ、新たなトンネルが建設されました。トンネルは昨年1

Comments


bottom of page