top of page

2025年先住民族運動会、記者会見でロゴなど発表

2025年3月21日から24日に高雄市で開催される台湾先住民族の全国運動会「114年全國原住民族運動會」の記者会見が12月26日におこなわれました。記者会見に出席した高雄市の林欽榮副市長は、高雄市は2009年に世運會(ワールドゲームズ)、2015年に全國運(中華民国全国運動会)、2019年に年全中運(全国中学校運動会)など、国際大会や全国大会の開催経験が豊富であり、また、高雄市は台湾で唯一、16の先住民族が居住登録をしており、多様な文化が融合した特色ある先住民族の文化を持っていると述べています。また、記者会見では大会のスローガン「原聚TAKAO 湧動未來」やロゴが発表されました。

関連記事

Baseball5アジアカップ、日本チームから被災した台湾へ応援メッセージ

韓国ソウルで4月13日から16日、男女5人制野球「ベースボールファイブ」のアジア大会「Baseball5 アジアカップ2024」が開催されました。台湾チームは2連覇を目指しての参加でした。出場した全8チームが2グループに分かれて戦い、最後に両グループのトップが対戦します。 台湾チームと日本チームは競技外でも勝負を超えた友情を見せ、日本チームから台湾チームへメッセージが書き込まれた白い布幕が贈られま

渋谷で台湾観光PRイベント、2日間の来場者数4,000人超え

交通部観光署と台湾観光協会が4月13,14日、東京都の渋谷ヒカリエで台湾観光PRイベント「2024台遊館㏌渋谷」を開催しました。日本の観光業者は、4月11日に公開された動画「台湾安心宣言」の効果は大きく、多くの日本人が台湾への旅行を計画していると述べています。会場に設置されたメッセージボードには「台湾がんばれ」、「地震に負けるな」など、多くの応援メッセージが寄せられました。 4月上旬にアップロード

新北市「客家桐花祭」、アブラギリの花の散策ツアーを開催

4月下旬から5月上旬に見頃を迎えるアブラギリの花の見頃に合わせ、新北市で「客家桐花祭」が開催されます。アブラギリは散った花が地面を白く埋めつくす様子から「四月雪」「五月雪」とも呼ばれ、客家の人々が住む地域に多いことから、客家のシンボルとされています。 新北市「客家桐花祭」は土城区、三芝区、鶯歌区、瑞芳区、深坑区、石碇区、新店区の7つの区公所の共同開催。4月27日から5月5日までの期間に、アブラギリ

Comentarios


bottom of page