25年ぶり元高円安、1元=4.27円

4月13日の日本円の現金売相場は、1円=0.2342元で、25年ぶりの高値を更新しました。 1元=4.27円の計算です。

対米ドル相場では、前日比0.059元高の1米ドル=29.086元と、7営業日連続の下落から上昇に転じました。

関連記事

ホテル業界の深刻な人手不足を受け、交通部観光局と労働部労働力発展署(労発署)は、台湾の大学を卒業した外国人と華僑を客室サービス人員として採用すればポイント制の就業許可申請対象に20ポイントを加算することに合意しました。 20ポイントが加算されれば、優れた中国語能力(30点)、3万台湾元以上の給与への評価点を加えると、就労基準の70点に達し、就業資格を取得した留学生が大幅に増えます。 年間1500~

熊本県の蒲島郁夫知事は11月24日、県内経済団体を中心としたメンバーとともに、2023年1月11日~14日に台湾を訪問すると発表しました。 今年10月に訪台予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で延期していました。 高雄市との友好交流協定締結5周年記念行事のほかにも、半導体受託生産の世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)や中華航空(チャイナエアライン)を訪問する予定です。

彰化市は11月2日、扇形庫のつながりで大分県玖珠町と「友好交流協定」を締結しました。 彰化市の林世賢・市長と玖珠町の宿利政和・町長はオンラインで調印しました。 2019年、彰化市の扇形車庫は旧豊森機関車庫と「姉妹協定」を結びました。 今年は彰化市の扇形庫が国定古跡に昇格し、竣工100周年を迎える重要な年であることから、これを記念して九珠町と友好交流協定を締結することにしました。