3/21前に台湾入国の外国人滞在期限が更に30日延長

台湾外交部は3月19日に2020年3月21日までに台湾に入国し、 まだ滞在期限が切れていない外国人旅行者に対し停留期限を30日間延長しましたが、 4月17日、台湾に留まざるを得なかった外国人への配慮として 停留期限を更に30日間延長することを発表しました。

停留期限延長に手続きや申請を行う必要はありませんが、 延長後の台湾での滞在期間は180日を超える事は出来ません。

台湾外交部公式サイト(中国語、英語) https://www.mofa.gov.tw/

#新型肺炎

関連記事

12月1日から台北市内のドリンクスタンドやカフェで、プラスチックカップの提供が禁止されます。 違反した場合は、業者に対して1,200~6,00台湾元(の罰金が科されます。 台北市政府環境保護局(環保局)は11月23日、業者の9割が紙カップなどの代替品の準備を完了したと説明しました。

中央流行疫情指揮センターは11月23日、12月初めにも、屋外でのマスク着用義務を原則廃止すると述べました。 年越しイベントなど人が密集する場所はマスク着用を検討します。 中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc.gov.tw/