(3/25)学生による抗議活動の影響についてお知らせ致します。

現在学生による抗議活動が続いておりますが、本日(3月25日)台北市に おきましては、現在政府からの公共機関・施設の休業・休館の発表は されておりません。

—————– <空港> 通常運行 —————– <列車・新幹線> 通常運行 —————– <MRT> 通常運行 —————– <施設,観光地>(台北) 現在通常営業 —————– <ツアー運行状況> ・台北市内観光・・・下記一部以外は通常通り (車窓見学の総統府が通常より遠くの地点からのご見学となります。) —————– <台北市内の状況> 現在のところ、昼間は比較的穏やかで、抗議者数も少ない状況となります。 但し、夜にかけて抗議者数が増える傾向があります。 上記の為交通渋滞が発生する可能性がございます。 —————– ※以上は現段階での状況となります。

関連記事

10月13日から新型コロナウイルス感染症の水際対策が大幅に緩和され、人の往来が頻繁になりました。 桃園国際空港の11月25日の発表によると、10月の利用客は延べ67万1000人で前年同月の9.7倍に増加しました。 1~10月の利用客は271万人で、前年同期の3.6倍でした。

中央流行疫情指揮センター11月は28日、12月1日から屋外でのマスク着用義務を廃止すると発表しました。 ただ、年越しイベントなど人が密集する場所については、、別途検討します。 公共交通機関を含む屋内ではマスクの着用を引き続き求めます。 外出時に飲食する際のほか、運動、カラオケ、写真撮影、講演、講座、温泉、サウナ、水場での活動などでマスクは外すことが認められます。 また、宴席でテーブルを回っての乾杯

中央流行疫情指揮センターは11月28日、新型コロナウイルスの水際対策について、12月10日午前0時から海外からの入境者数の上限を撤廃すると発表しました。 クリスマスや年末年始、旧正月期間で、出入境の需要が増えると見込まれるためです。 現行では、入境者数の上限は1週間当たり15万人で、12月1日から20万人に引き上げられます。 中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc