top of page

4月の防疫措置、クラブなどはワクチン3回義務付け

中央流行疫情指揮センターは3月28日、4月の新型コロナウイルスの防疫措置を発表しました。

外出時のマスク着用規制は変更ないが、ナイトクラブ業、バー業などの特定の娯楽施設に入店する際、ワクチンを3回接種した証明が求められます。 また、宴席で席を離れて乾杯することが認められません。

中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc.gov.tw/

関連記事

新北市政府捷運工程局は2月2日、安坑ライトレール(安坑軽軌)が10日に開通すると発表しました。 安坑LRTは全長は7.5キロメートルで、9駅が約21分で結ばれます。 十四張駅では新北メトロ環状線と接続します。 10日から試運転で1カ月間は無料で利用できます。 正式営業開始後の運賃は20~25台湾元となります。

イタリアのクルーズ客船運航会社、コスタクルーズは2月2日、コスタ・セレーナ号が基隆港を母港として、日本や韓国を周遊するクルーズを運航すると発表しました。 4~6日間のツアーで、寄港地は沖縄、宮古島、石垣島、鹿児島、韓国・済州島など。 7月1日から9月25日までにかけて、延べ24便が運航されます。

中央流行疫情指揮センターは1月31日、2月7日以降、海外から入国後7日間の自主防疫期間は、新型コロナウイルス感染症の症状がある場合にのみ抗原検査を実施すると発表しました。 これに伴い、入国者に配布する抗原検査キットについて、1人当たりの配布個数を現行の4個から1個に変更します。 現行では、自主防疫期間に外出する場合、2日以内の陰性結果が必要です。 中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) http

bottom of page