top of page

5月以降、大型バスは空車で故宮博物院への進入禁止

故宮博物院により見学品質の向上、及び周辺住民環境への影響を削減のため、 今年5月以降、大型バスが空車(乗客ない状態)で故宮博物院に入ることが禁止されます。 乗客がいる故宮行きの大型バスは現状通り、故宮博物院の入口まで送れますが、 見学後、入口までお客様をピックアップすることができなくなりますので、 乗車するには、入口から階段下の大型バス駐車場まで移動する必要となります。 駐車場まで少し長めの階段は徒歩約10分~15分となります。

同時期にご旅行をご予定の方は、予めご了承ください。

#故宮博物院

関連記事

台湾で最大規模となる国際会議・展示会場の桃園會展中心(メッセ桃園)が、2024年10月に桃園市に開業する予定です。また、日本の博報堂が、傘下企業の安益国際展覧がメッセ桃園の経営権を獲得したことを11月28日に発表しました。高雄展覧館に続く台湾で2カ所目の大型展示会場の運営となります。 桃園會展中心は桃園MRTの桃園体育園区駅(A19)のそばに位置し、敷地面積は2.87ヘクタール。建物は地上4階、地

10月7日よりプレオープンして試験営業をしていた南門市場が、11月16日に正式オープンしました。午前中におこなわれた開幕セレモニーには台北市の蔣萬安市長も参加しました。 建て替え工事は2019年10月より開始し、総工費35億台湾元(約165億円)の新ビルは地上12階、地下5階建てで、市場は地下2階から地上2階の4フロアに入居しており、3階より上は台北市のオフィスとなっています。現在建設が進んでいる

阿里山森林鉄道祝山線、海抜2,451メートルに位置する台湾で最も高い駅の祝山駅の駅舎が、3年間の工事を経て11月21日よりリニューアルオープンします。駅舎の老朽化に伴い2020年10月より改築工事が開始されましたが、天候や新型肺炎の影響により工期が予定の2倍となり、今年7月に完工しました。 祝山駅付近にある景観台は日の出の鑑賞スポットとして人気で、祝山線の始発は日の出の時間に合わせ、阿里山に宿泊し

bottom of page