top of page

6/22以降訪台のビジネス客の在宅検疫期間短縮が可能に

台湾中央流行疫情指揮センターは6月17日、 6月22日以降出国で下記4つの条件を全て満たした場合、 在宅検疫期間短縮の申請が可能になる事を発表しました。

⑴.中央流行疫情指揮センターの定めた入国条件(※1)に符合している事 ⑵.台湾の滞在期間が3カ月以内である事 ⑶.ビジネス目的(検品、技術指導、契約等)での訪台である事 ⑷.中央流行疫情指揮センターの定めた低及び中感染リスク国家(※2)から出国し、かつ出国14日前に別の国での滞在記録がない事

低感染リスク国家(6/17現在) ニュージーランド、オーストラリア、マカオ、パラオ、フィジー、 ブルネイ、ベトナム、香港、タイ、モンゴル、ブータン 中感染リスク国家(6/17現在) 韓国、日本、マレーシア、シンガポール

※1:台湾の居留証、外交・公務証明、商務履約証明、その他特別許可のいずれかを所持している事 ※2:低、中感染リスク国家は2週間ごとに更新及び調整がされます。

条件を満たした方は申請の際に招待会社からの証明書、訪台後のスケジュール、出国日3日前に検査した陰性結果報告書等を準備し、 訪台後7日目(低感染リスク国家からの場合は5日目)に自己負担で受けた検査で陰性と出た場合、21日間の自主的な健康管理に変更する事ができます。

中央流行疫情指揮センター公式サイト(中国語、英語) https://www.cdc.gov.tw/

#新型肺炎

関連記事

内務省は1月19日、同性婚の対象範囲を拡大し、台湾国籍と外国国籍の同性カップルの結婚については、相手国が同性婚を認めていななくても台湾で結婚できるようにすると各県市に通達を出しました。 対象は台湾籍と日本、香港、マカオですが、手続き上の問題で中国のみ除外されました。 異性の国際結婚と同様に、婚姻届を出す際、担当者との面談が必要です。

半導体受託生産の世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)の熊本進出を受け、熊本県の蒲島郁夫知事らが1月11~14日に台湾を訪問しました。 熊本県では、TSMCの熊本県への日本初の工場建設決定を契機に、半導体産業集積強化推進本部を設置し、受け入れ環境整備などを進めています。 TSMC幹部らとの面会では、県内の半導体産業の集積を加速させたいため、全面的な協力を約束しました。

立法院で1月12日、電子たばこの製造、輸入、販売、使用を全面的に禁止する「準タバコ」を含む「煙害防制法(たばこ健康被害防止法)」の改正案が最終可決(三読)を通過しました。 また、加熱式タバコは製造または輸入前に喫煙器具と共に健康リスク審査を申請し、審査に合格すれば既存タバコと同じ条件で製造•輸入•販売などが認められます。 違反した場合は、2000∼100万台湾元の罰金が科されます。

bottom of page