6/25から桃園空港での乗り継ぎが可能に、中国は対象外

台湾中央流行疫情指揮センターは6月24日午後の記者会見で 6月25日以降は桃園空港でのトランジットを条件付きで受け入れる事を発表しました。

桃園空港でのトランジットには下記4つの条件をすべて満たす必要があります。

⑴.中国からのフライト便ではない事、 ⑵.同じ航空会社のフライト便を利用する事 ⑶.降機後に待機用の空間に案内し、待機中の食事やショッピングは専門のスタッフを通して行う事 ⑷.停留時間は8時間以内である事

中央流行疫情指揮センター公式サイト(中国語、英語) https://www.cdc.gov.tw/

#新型肺炎

関連記事

台北市政府交通局は11月18日、自転車シェアリングサービス「YouBike」のうち、初代車両「YouBike1.0」の運営を12月3日から終了し、次世代版「YouBike2.0」に完全移行すると発表しました。 YouBike1.0は2009年にサービスを開始して以来、のべ2億人以上が利用していました。 2020年1月に導入されたYouBike2.0は、今年10月末の利用率は全体の91.5%に達しま

格安航空会社(LCC) のジェットスター・ジャパンは11月18日、東京(成田)~台北(桃園)線の運航を2023年1月19日から再開すると発表しました。 同路線の運航再開は約2年10カ月ぶりです。 セール期間の運賃は、燃油サーチャージなしで片道8,980円からの販売となります。 日本発片道・往復の旅程のみ販売します。 ジェットスター・ジャパン https://www.jetstar.com/jp/j

台北市公共運輸処は台北市、新北市、基隆市のタクシーの初乗り料金を距離1.25キロメートルで、現在の70台湾元から90台湾元に引き上げる計画をしていると説明しました。 年内に審議委員会を開き、審査を進めます。 値上げの背景には、コロナ禍による利用客の減少や物価上昇、さらに配車サービスに支払う手数料がドライバーの負担になっていることなどが上げられています。