top of page

7月にも入国隔離措置を免除の可能性

中央感染症指揮センターは4月18日、新型コロナウイルスの水際対策について、感染状況が台湾と同水準である国からの入国者を対象に、外出禁止の検疫措置を免除する方針を明らかにしました。

7月にも徐々に実施される可能性があるとの見通しを示しました。

中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc.gov.tw/

関連記事

中央流行疫情指揮センターは1月31日、2月7日以降、海外から入国後7日間の自主防疫期間は、新型コロナウイルス感染症の症状がある場合にのみ抗原検査を実施すると発表しました。 これに伴い、入国者に配布する抗原検査キットについて、1人当たりの配布個数を現行の4個から1個に変更します。 現行では、自主防疫期間に外出する場合、2日以内の陰性結果が必要です。 中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) http

中央流行疫情指揮センターは1月31日、2月7日以降、中国からの渡航者に対して入国時のPCR検査を実施する措置を取りやめると発表しました。 また、中国から香港、マカオを経由して台湾に入国する場合、48時間以内のPCR検査または24時間以内の抗原検査陰性証明を要求する措置も取りやめます。 中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc.gov.tw/

屋内でのマスク着用義務緩和について、中央流行疫情指揮センターは1月31日、2月2日に詳細な説明を行うと発表しました。 韓国のようにマスク着用が必要な場所、推奨する場所を定め、その他は自主性に任せる方針です。 中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc.gov.tw/

bottom of page