top of page

Airbnb 民泊サービスに行政院が同意

Airbnb 民泊サービスに行政院が同意

個人の所有する空き部屋と旅行者を仲介するサービスを世界展開しているAirbnb社の代表者が 台湾の行政院を訪問し協議を行い、納税義務の順守と宿泊客に対する保険の提供を承諾したことから、 行政院は同サービスの合法化に向けた作業を進めることに同意した。

Airbnbからの情報によると、同社サイトには現在、台湾では宜蘭、花蓮、屏東、澎湖などを中心に 1万件以上の部屋が登録されており、昨年1年間で32万人の外国人が利用したとの事。

関連記事

交通部観光署、台湾観光の新キャッチフレーズとロゴを公開

交通部観光署が5月6日、台湾観光PRの新たなキャッチフレーズ、ロゴなどを公開しました。2011年より13年間使用したキャッチフレーズ「Heart of Asia」から、新しいキャッチフレーズは「Waves of Wonder」となり、ロゴのTAIWANの文字は、台湾の山脈、海洋、道路や鉄道をイメージした曲線を使用したデザインとなっています。 観光署の周永暉署長は、新しいキャッチフレーズやロゴなどは

中国への団体旅行解禁初日、1千人以上が出発

3月1日より台湾から中国への団体旅行が解禁され、初日の旅行会社企画による団体旅行の出発は50団体以上、1千人を超えました。中国への団体旅行について交通部観光署は2月7日に即日募集を停止するよう命じていますが、既に催行が決定している5月31日までのツアーに関しては実施が認められています。 3月1日に中国へ出発したのは 可楽旅遊旅行社(コーラツアー)の26団体608人、雄獅旅行社(ライオントラベルサー

Comments


bottom of page