top of page

AZ製ワクチン、リスクを考慮し一部対象者は接種禁止の方針へ

中央流行疫情指揮センターは03月15日、 アストラゼネカ(AZ)が開発した新型コロナウイルスワクチンを接種後に血栓症などの副作用が確認された事を受け、 指揮センターが挙げた以下の8種の人に対してはワクチンの接種を禁止または慎重に判断するべきとの方針を示しました。

【ワクチンの接種を禁止するべき人】 ・ワクチンの成分に対してアレルギーがある人 ・1回目の接種後に深刻なアレルギー反応が出た人 ・18歳以下の人

【ワクチンの接種は慎重に判断するべき人】 ・血液凝固障害がある人 ・免疫機能障害がある人 ・妊婦または妊娠している可能性がある女性 ・授乳婦

【ワクチンの接種を延期するべき人】 ・重篤な急性疾患にかかっている、発熱か急性感染症を伴う人

現在台湾に到着しているアストラゼネカ製のワクチンは11万7,000回分で、 来週から医療関係者に対して接種が開始される見通しです。

中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc.gov.tw/

関連記事

中央流行疫情指揮センターは1月31日、2月7日以降、海外から入国後7日間の自主防疫期間は、新型コロナウイルス感染症の症状がある場合にのみ抗原検査を実施すると発表しました。 これに伴い、入国者に配布する抗原検査キットについて、1人当たりの配布個数を現行の4個から1個に変更します。 現行では、自主防疫期間に外出する場合、2日以内の陰性結果が必要です。 中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) http

中央流行疫情指揮センターは1月31日、2月7日以降、中国からの渡航者に対して入国時のPCR検査を実施する措置を取りやめると発表しました。 また、中国から香港、マカオを経由して台湾に入国する場合、48時間以内のPCR検査または24時間以内の抗原検査陰性証明を要求する措置も取りやめます。 中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc.gov.tw/

屋内でのマスク着用義務緩和について、中央流行疫情指揮センターは1月31日、2月2日に詳細な説明を行うと発表しました。 韓国のようにマスク着用が必要な場所、推奨する場所を定め、その他は自主性に任せる方針です。 中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc.gov.tw/

bottom of page