AZ製ワクチン約136万回分到着、2回目接種へ

中央流行疫情指揮センターは10月13日、英アストラゼネカ製(AZ)の新型コロナウイルスワクチン約136万回分が桃園国際空港に到着したと発表しました。今後2回目の接種に使用される方針です。

今回到着したワクチンは台湾政府が英アストラゼネカから直接購入した1,000回分の一部であり、これまでに11回目で累計638万回分が到着しました。

中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc.gov.tw/

関連記事

12月1日から台北市内のドリンクスタンドやカフェで、プラスチックカップの提供が禁止されます。 違反した場合は、業者に対して1,200~6,00台湾元(の罰金が科されます。 台北市政府環境保護局(環保局)は11月23日、業者の9割が紙カップなどの代替品の準備を完了したと説明しました。

中央流行疫情指揮センターは11月23日、12月初めにも、屋外でのマスク着用義務を原則廃止すると述べました。 年越しイベントなど人が密集する場所はマスク着用を検討します。 中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc.gov.tw/