COVAXワクチン、41万回分到着

新型コロナウイルスワクチンを共同購入、配分する国際的な枠組み「COVAXファシリティー」から配分されたアストラゼネカ製のワクチン41万400回分が9月5日の午後に桃園国際空港に到着しました。 検品作業が完了次第、接種を行います。

COVAXファシリティーを通して購入したワクチンは、4月に第1陣、5月に第2陣、今回と合わせて計102万回分となります。

関連記事

10月13日から新型コロナウイルス感染症の水際対策が大幅に緩和され、人の往来が頻繁になりました。 桃園国際空港の11月25日の発表によると、10月の利用客は延べ67万1000人で前年同月の9.7倍に増加しました。 1~10月の利用客は271万人で、前年同期の3.6倍でした。

中央流行疫情指揮センター11月は28日、12月1日から屋外でのマスク着用義務を廃止すると発表しました。 ただ、年越しイベントなど人が密集する場所については、、別途検討します。 公共交通機関を含む屋内ではマスクの着用を引き続き求めます。 外出時に飲食する際のほか、運動、カラオケ、写真撮影、講演、講座、温泉、サウナ、水場での活動などでマスクは外すことが認められます。 また、宴席でテーブルを回っての乾杯