top of page

MRT内湖~汐止、2032年にも開通へ

行政院は1月13日、都市交通システム(MRT)の新路線、汐止東湖線(汐東線)の建設計画を承認しました。2032年の開通を目指します。


計画によると、汐東線は全長5.5キロメートルで、台北MRT文湖線の東湖駅(台北市内湖区)から、2032年に開通予定の基隆MRTの樟樹湾駅(新北市汐止区)、汐科駅(汐止区)を経由して汐止区公所駅(汐止区)までの6駅であります。

汐科駅では台湾鉄路(台鉄)にも乗り換えることができます。


関連記事

日本人旅客16名が台湾人ガイド2名と台湾最高峰の玉山(標高3,952メートル)を登山中、うち1名の男性(68歳)が転倒して膝を負傷し歩けなくなったと、11月23日午前11時41分に嘉義県消防局に通報がありました。男性は派遣されたヘリコプターで救助されて台中清泉崗飛行場まで搬送され、その後、救急車で病院へ運ばれました。

台北市、台北捷運公司、悠遊卡公司がコラボし、台北ドームの開業と、台北ドームで開催される野球のアジア選手権を記念したデザインの交通系ICカード「悠遊カード」を発行すると11月27日に発表しました。 即日より11月30日まで、ECサイト「蝦皮商城」内に設けられた「台北捷運官方直営店 (台北メトロオフィシャル直営店)」で数量限定の予約受付をおこないます。また、12月3日以降は台北MRTのグッズ販売店や各

交通部交通局は11月24日、台中市立図書館大安分館から彰化県鹿港鎮までの台61線を走る路線に投入予定の自動運転バスを公開しました。自動運転バスは閉鎖エリアでの走行テストは既に実施しており、今後は解放エリアでの走行テストを経て、来年3月に台61線での一般市民向けの無料試乗を実施予定です。 自動運転バスは座席数15、立ち乗りスペース7の合計22人まで乗車可能。3月に開始を予定している無料試乗の第一段階

bottom of page