top of page

MRT民生汐止線の建設計画が環境影響審査を通過

台北市と新北市汐止区を結ぶ台北都市交通システム(MRT)民生汐止線第2期区間の建設計画が7月31日、 環境影響評価審査委員会の審査を通過しました。

MRT民生汐止線に関して台北市政府捷運工程局は 第2期区間今後は2年かけて全体計画や詳細設計等の審査申請をしていき、 早ければ全審査通過から2年後には着工開始となると説明をしています。

関連記事

無人自動車の隊列走行路上実験、9月に実施へ

台北市の南港展覧館1館で4月17~20日、カーエレクトロニクスの国際展示会「台北国際車用電子展(オートトロニクス台北)」が開催されました。経済部は27社の企業と提携し、18項目の研究プロジェクトの成果を展示しました。提携したのは中華汽車、トヨタ、義隆電子、宏佳騰機車、六和機械、蓋亞汽車など。 経済部産業技術司によると、無人自動車の隊列走行についてはすでに六和機械と共同で試験運行を開始しており、今年

エバー航空の高雄-香港線、4月12日より運航開始

高雄国際空港で4月12日、長榮航空(エバー航空)の香港線が運航を開始しました。1日1便の運航で、5月15日より1日2便に増便します。運航初日は満席となり、184人の旅客が搭乗、また香港から高雄への便も178人の旅客が搭乗しました。エバー航空は現在、桃園-香港便を毎週53便運航しており、5月15日以降は香港線は桃園と高雄を合わせて週67便の運航となります。 高雄国際空港によると、今年3月時点での運航

レストランバス第2号、台北市で運行開始

2021年12月より台北市で運行を開始した2階建てバスを利用したレストランバスの第2号が、4月10日にお披露目されました。完全予約制のレストランバスは乗車時間約1時間半で、ランチ、アフターヌーンティー、ディナーを食べながら台北の風景を楽しむことが出来ます。価格は1,100~1,950台湾元。第1号バスはこれまでに約3.9万人が利用しており、利用者の約3割が外国人旅客と、観光資源としての高いポテンシ

Comments


bottom of page