top of page

MRT環状線、1日の乗客数が過去最高を記録

台北都市交通システム(MRT)の運営会社である台北大衆捷運は9月12日、 9月11日のMRT環状線の乗客数が延べ4万7,000人を記録し、無料期間終了後で最高となった事を発表しました。

MRT環状線は新型コロナウイルスの影響により開通当初は利用客が思うように伸びませんでしたが、 8月からは状況が落ち着き1日あたり平均4万人以上の乗客が利用しています。

台北捷運(MRT)公式サイト https://m.metro.taipei/jp/

関連記事

台中国際空港、ターミナル改良工事が完了

台中国際空港が7月18日、9.8億台湾元(約47億2,000万円)を投資したターミナル改良工事が完了したと発表しました。19日からは香港航空が同空港に就航し、運航会社は華信航空(マンダリン航空)、台湾のLCCの台湾虎航(タイガーエア台湾)、星宇航空(スターラックス・エアラインズ)、ベトナムのLCCのベトジェットエア、韓国のLCCの徳威航空(ティーウェイ航空)など、全10社となりました。 同空港のコ

桃園空港で軍事演習、25日の旅客便33便に影響

7月22日から26日に実施される定例軍事演習「漢光40号」について、7月25日午前10~11時の桃園国際空港(桃園市)周辺空域の飛行禁止が予告されていましたが、同空港の運営会社が18日、旅客便33便への影響を発表しました。演習が実施される時間帯の到着便は15便、出発便は18便。同空港は該当する便の時間調整をおこなうと発表しているほか、演習前後の午前9時から正午までの便で遅延が発生する可能性を指摘し

チャイナエアラインのシアトル線、運航開始

中華航空(チャイナエアライン)の台北~シアトル線が7月14日、運航を開始しました。チャイナエアラインの北米への直行便はこれで6便となりました。第1便となるCI-022は、台湾時間の午後11時30分に台北(桃園国際空港)を出発し、15日の午前10時にシアトル(タコマ国際空港)に到着しました。搭乗率は95%で乗客数281人、そのうち45%が乗り継ぎ客でした。 チャイナエアラインの今年上半期(1~6月)

Comments


bottom of page