SDGsの取り組みを評価され台湾がオランダNGOの賞を受賞

オランダのアムステルダムに本部がある非政府組織「Catalyst 2030」は03月25日、 国連の持続可能な開発目標(SDGs)実現に向けて取り組んでいる政府や企業等を表彰する 「Catalyst 2030 Awards」の授賞式をオンラインで行い、台湾を含む4カ国が国家、政府賞を合同受賞しました。

今回台湾が受賞に至った理由として 民主主義と言論の自由が保障された社会が革新的な環境を作るのに適していると説明しています。

関連記事

衛生福利部疾病管制署は12月1日、新型肺炎防疫措置の罰則規定を発表しました。 対象:旅客も含む台湾にいる全ての市民 期間:2022/12/1から 防疫措置:公共交通機関、船舶、航空機内などの室内空間や場所では、常時マスク着用を義務付ける。 室内でマスク着用が免除されるのは、以下。 一、外出時に飲食する際 二、(一)運動、カラオケなど歌唱、写真撮影。 (二)車の運転時に同乗者がいない、または同居の家

経済日報と南山人寿保険が12月6日に発表した県市別の幸福指数調査で、花蓮県が幸福指数69.30ポイントで、2015年から7年ぶりに1位を占めました。 昨年から12ランク上昇し、最優秀成長賞を受賞しました。 花蓮県は社会的なつながり、環境品質、地方政府の施策、健康、生活の現状、個人安全、健康、6つの項目の満足度が1位でした。