top of page

TSMC、嘉義県に工場建設を発表

行政院の鄭文燦副院長が3月18日、嘉義県の南部科学園区嘉義園区(嘉義県太保市)に台湾積体電路製造(TSMC)が先進パッケージング(封止)工場2基を建設する事を発表し、1基目は今年5月に着工、2026年完成、2028年量産開始予定であると明かされました。


この発表を受けデベロッパーは、周辺の予約販売住宅の売り出し価格の上昇を指摘しており、嘉義園区周辺では1坪当たり30万台湾元(約140万円)台、台湾高速鉄路(高鉄)嘉義駅や嘉義県政府庁舎周辺では間もなく発売される住宅の価格が1坪35万台湾元以上に、嘉義園区周辺では農地の取引価格も従来の1坪3万~4万台湾元から14万台湾元に上昇しました。

関連記事

宜蘭県南方澳漁港、今季初のクロマグロを水揚げ

今季初となるクロマグロが4月15日、宜蘭県蘇澳の南方澳漁港で水揚げされました。蘇澳籍の漁船「再發668號」が捕獲したこのマグロは重さ269キロ、全長253センチ、17日に南方澳の魚市場で競りにかけられます。また、「蘇澳初マグロ」に認定され、台湾全土としても今季初のクロマグロとなります。 宜蘭県のクロマグロは、毎年4月から7月にかけてシーズンを迎えます。「蘇澳初マグロ」の認定を受けるには、漁船が合法

農業部、ペット身分証で飼い主の利便性を向上

農業部がペット管理強化と飼い主の利便性向上のため「寵物身分證(ペット身分証)」の新制度を発表の記者会見を開催しました。農業部の統計によると現在ペットとして飼育されている犬や猫は約279万匹、そのうち236万匹がマイクロチップ情報の登録をおこなっています。 情報の電子化管理により、今までは登録機関へ出向いておこなっていた各種情報の更新が簡単におこなえるようになります。また、従来は紙製の登録証で管理し

玉山金融控股、熊本市と包括的連携のMOU締結

玉山金融控股(Eサン・フィナンシャル・ホールディング)が4月10日、熊本市と包括的連携に関するMOUを締結したと発表しました。台湾と熊本の経済、観光、スポーツなど様々な分野での交流促進を目的としています。玉山金融控股は現在、国外の10の国と地域に31の拠点を設立しており、日本には2017年に開業した東京支店と、昨年に開業した福岡支店があります。 また玉山金融控股は熊本市とのMOU締結以外に、日本M

Comments


bottom of page