top of page

TSMC、2024年2月に開幕式典を計画

メディアの報道によると、台湾積体電路製造(TSMC)は2024年2月に熊本工場の開幕式典を計画しています。また、開幕式典では熊本第二工場の建設について発表されると予想されています。TSMCは、日本の第二工場建設については検討中であると回答しています。


熊本工場は今年8月、既にオフィスの一部供用を開始しており、JASMの日本人従業員300人の研修をおこなっているほか、台湾のエンジニア及びその家族の750人が現地入りし、10月1日に設備搬入をおこなっています。

関連記事

2023年フードデリバリーサービス、フードパンダ利用率上昇

資訊工業策進会産業情報研究所(MIC)が消費者がよく利用するフードデリバリーサービスのプラットフォーム上位5位(複数回答)を発表しました。2大プラットフォームは前年から順位が変わらずfoodpanda(フードパンダ)が73.6%で前年比2.4ポイント成長、Uber Eats(ウーバーイーツ)が57.6%で前年比1.2ポイント減少となりました。3位から5位はPXGo!小時達、foodomo、蝦皮美食

台湾株式市場、2日連続で過去最高値を更新

台湾株式市場の加権指数の終値が2月22、23日の連続で過去最高値を更新しました。22日の終値は前日比176.47ポイント(0.94%)上昇の1万8,852.78ポイント、23日の終値は36.41ポイント(0.19%)上昇の1万8,889.19ポイントでした。23日の取引中に一時、1万9,000ポイントを超え過去最高値を更新しました。

2023年の訪台旅客数、コロナ前の5割まで回復

交通部観光署の統計によると2023年の訪台旅客数は前年から7.24倍増加して648万6,951人、コロナ前の2019年と比較すると54.68%まで回復しました。また、台湾からの海外旅行者数は前年から7.95倍増加して422万5,804人、2019年と比較すると68.9%まで回復しました。このうち、訪台日本人旅客数は92万8,235人で香港マカオに次いで2位、訪日台湾旅客数は422万5,804人で台

bottom of page