top of page

TSMC熊本工場2023年末に完成、2月に開幕式典見込み

日本のメディアの報道によると、台湾積体電路製造(TSMC)の熊本工場の建設は2023年末までに完成しており、工場の開幕式典が2月24日に開催される予定です。工場は熊本県菊陽町建設され、地上4階、地下2階建て。2024年末に生産が開始される見込みです。


台湾では1月8日、国立清華大学が高雄キャンパスの設立を発表し高雄市の陳其邁市長と清華大学の高為元校長が「清華大學高雄分部籌設MOU(清華大学高雄キャンパス設立に関する覚書)」を締結しました。高雄キャンパスでは当初、半導体分野のハイエンド人材を育成を目的とし、半導体研究学院の分院で修士課程を設置する計画です。

関連記事

2023年フードデリバリーサービス、フードパンダ利用率上昇

資訊工業策進会産業情報研究所(MIC)が消費者がよく利用するフードデリバリーサービスのプラットフォーム上位5位(複数回答)を発表しました。2大プラットフォームは前年から順位が変わらずfoodpanda(フードパンダ)が73.6%で前年比2.4ポイント成長、Uber Eats(ウーバーイーツ)が57.6%で前年比1.2ポイント減少となりました。3位から5位はPXGo!小時達、foodomo、蝦皮美食

台湾株式市場、2日連続で過去最高値を更新

台湾株式市場の加権指数の終値が2月22、23日の連続で過去最高値を更新しました。22日の終値は前日比176.47ポイント(0.94%)上昇の1万8,852.78ポイント、23日の終値は36.41ポイント(0.19%)上昇の1万8,889.19ポイントでした。23日の取引中に一時、1万9,000ポイントを超え過去最高値を更新しました。

2023年の訪台旅客数、コロナ前の5割まで回復

交通部観光署の統計によると2023年の訪台旅客数は前年から7.24倍増加して648万6,951人、コロナ前の2019年と比較すると54.68%まで回復しました。また、台湾からの海外旅行者数は前年から7.95倍増加して422万5,804人、2019年と比較すると68.9%まで回復しました。このうち、訪台日本人旅客数は92万8,235人で香港マカオに次いで2位、訪日台湾旅客数は422万5,804人で台

bottom of page