top of page

WHO総会、台湾7年連続招待されず

世界保健機関(WHO)は5月22日、スイス•ジュネーブで開幕した年次総会(WHA)で、台湾をオブザーバーとして招待しようという提案を拒否しました。

台湾と友好関係にある12ヵ国が提出しましたが、中国は一つの中国原則に基づいて反対しています。


外交部はWHOの決定に遺憾と不満を表明しました。

台湾は2009年からオブザーバーとして参加していましたが、2017年以降、中国の反対により台湾を招待せず7年連続参加をしていません。


関連記事

外国人留学生対象のジョブフェア「Contact TAIWAN」開催

経済部投資促進司が4月18日、外国人留学生や華僑を対象としたジョブフェア「Contact TAIWAN 僑外生在台就業媒合会」を開催し、50社近くの企業が300以上の採用枠を用意、460人の学生が参加し、延べ500人の1対1の面接がおこなわれました。このジョブフェアは5月30日に新竹、6月19日に台中、10月3日に台南でもおこなわれる予定です。 参加企業は電子・電機、半導体、情報通信、精密機械など

台日の気象協会、協力のMOUを締結

台湾気候サービス連盟(TCSP)と日本気象協会(JWA)が4月16日、交通部中央気象署で協力に関するMOUを締結しました。JWAの辻󠄀本浩史常務理事は、JWAの気象資料とグリーンエネルギーに関する技術などを台湾の気象産業に共有し、台日気象産業の長期的な交流と友好発展の環境を作っていきたいと述べています。

宜蘭県南方澳漁港、今季初のクロマグロを水揚げ

今季初となるクロマグロが4月15日、宜蘭県蘇澳の南方澳漁港で水揚げされました。蘇澳籍の漁船「再發668號」が捕獲したこのマグロは重さ269キロ、全長253センチ、17日に南方澳の魚市場で競りにかけられます。また、「蘇澳初マグロ」に認定され、台湾全土としても今季初のクロマグロとなります。 宜蘭県のクロマグロは、毎年4月から7月にかけてシーズンを迎えます。「蘇澳初マグロ」の認定を受けるには、漁船が合法

Comentarios


bottom of page