World Luxury Hotel Awards2019、台湾は6ホテルが入賞

「旅行業界のアカデミー賞」とも称されるWorld Luxury Hotel Awardsですが、 今年は台湾の6つのホテルが入賞をしました。 また、その中でも高雄のシルクスクラブ(晶英国際行館)は2部門で賞を受賞する快挙を達成しています。

【2019年度World Luxury Hotel Awards台湾入賞ホテル一覧】 台北市: ・台北美福大飯店(グランドメイフル台北) ・慕軒飯店(マディソン台北) 新北市: ・福容大飯店淡水漁人碼頭(フーロン淡水) 宜蘭県: ・礁渓老爺酒店(ホテル・ロイヤル・チャオシー) ・煙波大飯店蘇澳四季双泉館(レークショア・ホテル蘇澳四季双泉館) 高雄市: ・晶英国際行館(シルクスクラブ)

関連記事

10月13日から新型コロナウイルス感染症の水際対策が大幅に緩和され、人の往来が頻繁になりました。 桃園国際空港の11月25日の発表によると、10月の利用客は延べ67万1000人で前年同月の9.7倍に増加しました。 1~10月の利用客は271万人で、前年同期の3.6倍でした。

中央流行疫情指揮センター11月は28日、12月1日から屋外でのマスク着用義務を廃止すると発表しました。 ただ、年越しイベントなど人が密集する場所については、、別途検討します。 公共交通機関を含む屋内ではマスクの着用を引き続き求めます。 外出時に飲食する際のほか、運動、カラオケ、写真撮影、講演、講座、温泉、サウナ、水場での活動などでマスクは外すことが認められます。 また、宴席でテーブルを回っての乾杯

中央流行疫情指揮センターは11月28日、新型コロナウイルスの水際対策について、12月10日午前0時から海外からの入境者数の上限を撤廃すると発表しました。 クリスマスや年末年始、旧正月期間で、出入境の需要が増えると見込まれるためです。 現行では、入境者数の上限は1週間当たり15万人で、12月1日から20万人に引き上げられます。 中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc