オープントップバス「星空バス」で夜景を見ながらお酒を

オープントップバスで夜景を見ながらお酒を楽しめます。

台北市のホテル、ハンブルハウス台北(寒舎艾麗酒店)は、台北市内を運行しているオープントップバスと協力し、夜景を見ながらお酒が楽しめる二階建ての「星空バス」を、7月15日から運行すると発表しました。

乗車時間は100分で、スパークリングワインやビール、カクテルなどが飲み放題の他、おつまみが提供されます。 超高層ビルの台北101や国父紀念館など台北を代表するランドマークを走行します。 毎週金・土曜日に3便、日曜日に2便が運行されます。 料金は1人1399台湾元(約6400円)です。

台北オープントップバス https://taipeirestaurantbus.com/Sanjin

関連記事

台北101で毎年の大晦日に行われる花火ショーは世界的な年越しイベントとなっており、当日の台北101と周辺高層ビルのレストラン予約状況が好調です。 台北101の85階のイタリアンレストラン「随意鳥地方」の窓際の席はすでに予約がいっぱいです。 台北101のオフィスビル営運長は、新型コロナウイルスの水際対策が緩和され、下半期の飲食部門の売上が上半期より40%増加したと指摘しました。

日本統治時代の1922年に完成した彰化県の扇形車庫は、今年で建設100周年を迎えます。 扇形車庫とは、機関車を方向転換させる転車台(ターンテーブル)と、それに合わせて扇のように弧を描いた形状に作られた車庫のことです。 交通部台湾鉄路管理局は12月4日、歴代の鉄道車両計14台を扇形車庫に集め、建設100周年の祝賀イベントを行いました。

新型コロナウイルスの影響で運休が続いていた仙台空港の国際線が、年末に再開される見通しとなりました。 エバー航空は、年明けの2023年1月18日より定期便を再開します。 台北(桃園)∼仙台線の定期便は週4往復で、火曜と水曜、木曜、土曜に運航します。 長栄航空(エバー航空) https://www.evaair.com/ja-jp/index.html