アンバサダーホテル台北、建て替え計画の申請を決定

アンバサダーホテル台北(台北国賓大飯店)は11月3日の董事会決議にて、 建て替えの際に容積率の規制緩和や土地固定資産税の減免等の優遇措置が受けられる 危老条例の適用を申請をする事が決定しました。

危老条例の申請は早ければ年内を予定しており、適用が認可された場合 条例に基づいて改築がされる初めての5つ星ホテルとなります。

アンバサダー台北 https://www.ambassador-hotels.com/jp/taipei

関連記事

ホテル業界の深刻な人手不足を受け、交通部観光局と労働部労働力発展署(労発署)は、台湾の大学を卒業した外国人と華僑を客室サービス人員として採用すればポイント制の就業許可申請対象に20ポイントを加算することに合意しました。 20ポイントが加算されれば、優れた中国語能力(30点)、3万台湾元以上の給与への評価点を加えると、就労基準の70点に達し、就業資格を取得した留学生が大幅に増えます。 年間1500~

リージェント台北(台北晶華酒店)ですが、 下記各期間中、室外プールとタイパンラウンジのメンテナンスの為、ご利用ができません。 <室外プール> 期間:2022/11/28~11/30 ※2022/12/31(土) 22:30-00:30は特別イベントがあるため、特別プランを予約されたお客様のみ利用可能 < タイパンラウンジ> 期間:2022/11/28~12/20 ※期間中におきましてもホテルは通常

オレンジホテル カイフォン 台北(福泰桔子商旅-開封店)ですが、建物の賃貸契約が終了した為、 2022年11月1日より営業停止致しました。 再開の予定は現時点では未定です。 ————————— オレンジホテル カイフォン 台北/福泰桔子商旅-開封店 台北市中正区開封街一段41号 —————————