シャングリラ台北、25周年記念の年にボールルームリニューアルへ

シャングリラ ファー イースタン プラザ(香格里拉台北遠東国際大飯店)の 400名収容できるファーイースタン グランドボールルームは長年重要な会議の際に使用されてきましたが、 今後様々な需要に対応できるように全面リニューアルすることになります。

超大型LEDモニターと最新照明や音響設備を採用する他、 国際的知名度のあるデザイナーによって手掛けられた内装は 東洋と西洋の要素が組み合わさりながらも宋代をイメージした設計となり、 雰囲気が一新される予定です。

※画像はイメージとなります。

期間:2019年08月05日~2019年09月27日  時間:10:00~17:00 場所:3階ファーイースタン グランドボールルーム

※日程は予告なく変更される場合がございます。 ※工事期間中、他のボールルームや公共スペース、レストラン、ロビーなどは通常通り営業します。

————————————————————————————— シャングリラ ファー イースタン プラザ/香格里拉台北遠東国際大飯店 台北市大安区敦化南路2段201号 https://www.shangri-la.com/jp/taipei/fareasternplazashangrila/ —————————————————————————————

関連記事

10月13日から新型コロナウイルス感染症の水際対策が大幅に緩和され、人の往来が頻繁になりました。 桃園国際空港の11月25日の発表によると、10月の利用客は延べ67万1000人で前年同月の9.7倍に増加しました。 1~10月の利用客は271万人で、前年同期の3.6倍でした。

中央流行疫情指揮センター11月は28日、12月1日から屋外でのマスク着用義務を廃止すると発表しました。 ただ、年越しイベントなど人が密集する場所については、、別途検討します。 公共交通機関を含む屋内ではマスクの着用を引き続き求めます。 外出時に飲食する際のほか、運動、カラオケ、写真撮影、講演、講座、温泉、サウナ、水場での活動などでマスクは外すことが認められます。 また、宴席でテーブルを回っての乾杯

中央流行疫情指揮センターは11月28日、新型コロナウイルスの水際対策について、12月10日午前0時から海外からの入境者数の上限を撤廃すると発表しました。 クリスマスや年末年始、旧正月期間で、出入境の需要が増えると見込まれるためです。 現行では、入境者数の上限は1週間当たり15万人で、12月1日から20万人に引き上げられます。 中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc