top of page

「安心旅行」補助プラン、7月から開始

台湾国内での新型コロナウイルスの流行が落ち着いた事を受け、 観光振興計画の第2段階に当たる台湾市民向けの域内旅行補助プラン 「安心旅行」が7月から10月の間開始されます。

個人旅行の場合、「安心旅行」が指定したホテルに宿泊する事で1室あたり1,000台湾元の補助を、 離島のホテルに宿泊する場合、追加で1,000台湾元の補助をそれぞれ1人1回ずつ受けられます。

団体旅行の場合、旅行会社は参加者1人1日あたり700元の補助を受けられます。 但し、団体は10名以上でなければならず、補助額は1団体あたり3万元までという条件があります。

交通部観光局の公式サイトはこちら

関連記事

台北ランタンフェスティバル、友好都市のランタン過去最多に

2月17日より西門町を含むエリアで開催されている「2024台北燈節(台北ランタンフェスティバル)」で海外友好都市のランタンを展示する「友好燈區」に出展している友好都市数が、過去最多の16都市となり、日本からは11都市が出展しています。出展しているのはセントクリストファーネービス、アメリカのグアム、韓国のテグとチェジュ、中国の上海、日本からは大阪、愛媛県松山市、青森県、青森県弘前市、静岡県浜松市、茨

2023年の訪台旅客数、コロナ前の5割まで回復

交通部観光署の統計によると2023年の訪台旅客数は前年から7.24倍増加して648万6,951人、コロナ前の2019年と比較すると54.68%まで回復しました。また、台湾からの海外旅行者数は前年から7.95倍増加して422万5,804人、2019年と比較すると68.9%まで回復しました。このうち、訪台日本人旅客数は92万8,235人で香港マカオに次いで2位、訪日台湾旅客数は422万5,804人で台

台南のロケット花火祭り「鹽水蜂炮」、2月23・24日に開催

大量のロケット花火の発射で「危険な祭り」として知られる台南市鹽水區の「鹽水蜂炮」が、2月23・24日に開催されました。23日にはA~Eの5つの路線に分かれて神輿の巡行がおこなわれ、QR Codeから各御輿の位置情報を確認することが出来ます。24日には鹽水國中(中学校)のグラウンドに設置された4つの「主炮城」から、集まった参加者へ向けてロケット花火が発射されます。消防局の統計によると、21日までに合

bottom of page